ダイエー向ヶ丘店の跡地はイオン向ヶ丘店(仮)と集合住宅でファイナルアンサー

ちょっと前に見かけてアップするのを忘れていたのですが。

というわけで、ダイエー向ヶ丘店の跡地は商業施設と集合住宅。商業施設は、まず間違いなくイオンでしょう……いや、違うモールかもしれんけど、あれだけ「ダイエーは帰ってくる(意訳)」とマーベル映画のラスト並みに意気込んでたんだから。


集合住宅の方は、噂で聞いていた超高層マンションではないようですね。北口のアトラスタワーに匹敵するものが建つと思い込んでいたのでちょっと意外。


工事はちょっと先で、2022年から着工する様子。完成も商業施設が2023年、集合住宅が2024年と少し先。コロナの影響で工事が遅れているのかもしれません。ここのダイエーにはいろんな思い出が詰まってるので、解体作業が始まったら感慨深くなるだろうなあ。

天祢 涼
拙著『希望が死んだ夜に』で主人公が訪れるダイエーは、ここをモデルにしています。あと『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』でヒロインのお母さんがパートをしているモールもここがモデルでした。

『希望が死んだ夜に』文庫版

『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』

イオン向ヶ丘店(仮)ができたら、ぜひ未来屋書店に入ってほしい。ダイエー末期は書店がなくてさみしかったのです。