treeに『境内ではお静かに』のエッセイを寄稿。「壮馬と雫の関係が進まない!」問題に関して書いてます

treeの光文社文庫新刊エッセイに『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』に関する一文を寄稿しました。割と頻繁に言われている「壮馬と雫の関係が進まない!」という感想に絡めて、ラブコメに関する私見を書いています。

そんなに長い文章でもないので、ぜひお読みください。こちらからどうぞ。


私見です。本当にめっちゃ私見です。天祢涼が若いころモテモテ(死語)だったら、こんなエッセイは生まれませんでした。