Apple Silicon搭載Mac登場! 2つの条件を満たせば人柱覚悟で購入を検討している物書きの話

日本時間の11月11日午前3時からの発表会で、AppleがApple Silicon(M1チップ)搭載のMacを発表しました。MacBook AirとMacBook Pro(13インチ)は噂どおりでしたが、意外だったのがMac miniの登場。たぶん、事前リークはなかったですよね。ちょっとだけデザインも変わった様子。

MacBook AirとMacBook Proに関しては見た目そのまま。がっかりな反面、バタフライキーボード復活の噂もあったので、ちょっと安心している。バタフライが嫌とかそういう問題じゃなくて、Magic Keyboardが好きすぎるんですよ。

Mac mini以外はお値段は変わっていないように見えますが、カスタマイズしたMacBook Proの最上位モデルは、Intel版よりかなりお安いです。もっとも、メモリはIntel版が32GB、M1版が16GBが最上位なので単純比較はできません。

2020年11月11日夕方追記・メモリ以前にポートの数からしてIntel版MacBook Proの下位モデルがM1版に置き換えられた感じなのかな? だとしたら、ますます比較できないですね。


「買うか?」と訊かれたら、すなおには頷けない。MacBook Airは今年買ったモデルがすばらしすぎてあと5年は使いたいので、買うとしたらMacBook Pro。ただ、Appleにかぎらず初物のガジェットにトラブルはつきもの。即座に購入するのは、まさに「人柱」です。今後長く使うことを考えたら、やっぱりメモリは32GBほしいし、来年には14インチの新生MacBook Proが登場するという噂もある。いつもの天祢涼なら100%「見送り」です。

ただし、次の2つの条件を満たせば購入を本気で検討します。

iMacが故障する

いや、満たしてほしくない条件ですが(^_^;)

2014年からメインで使っているiMac Retina 5K Displayがそろそろやばい。焼きつきはひどいし、時々、挙動不審になる。一度ブルースクリーンにもなりました。

前述のようにサブ機で使っているMacBook Airはすばらしいのですが、メインで使うには若干力不足。M1版iMacが出るまで待ってられないので、その場合は新たなメインマシンとしてMacBook Proを買ってしまうかも。

物書堂のアプリが動く

これ、重要。天祢涼は小説を書く際、Scrivener 3で下書きして、egword Universal 2で清書しています。どちらも物書堂さんのアプリです。

今年、文藝春秋から上梓した『あの子の殺人計画』はアリバイトリックの話なので、Scrivenerで時系列をかなり整理する必要がありました。でも自分にとって「(プロットではなく)小説を書くことに集中できる」アプリはegwordなのです。

『あの子の殺人計画』


ScrivenerはM1に対応することが発表されていますが、物書堂さんの方は不明(たぶん)。いくらAppleが「Rosetta 2でこれまでのアプリも問題なく動くよ!」と言っても、個別のアプリがどうなるかはわかりません。

Intel Macが出たばかりのころInDesign CS2をRosetta上で動かしたらモッサリしていて、ただでさえ遅れがちの作業がさらに遅れて会社に泊まった思い出もあるしなあ(遠い目)。


それに天祢涼が使っている日本語入力ソフト「かわせみ2」も物書堂製。ATOKや純正日本語入力に乗り換えようとしても戻ってきてしまう、手に馴染んだアプリ。これがないと仕事どころか、Macを使えません。

逆に言えば、物書堂アプリが動くならM1版Mac購入の障壁は一気に低くなります。もっと言えば、物書堂さんが、

  • MacでもiPadでも使えて、クラウド経由で同じファイルをいじれる
  • 画面分割に対応している
  • ダークモード搭載している
  • もちろん縦書き可能

こんなエディタをつくってくれたら、多少の不具合があってもM1版Macを買ってもいい……いや、買わせていただく(笑)。

こうやって自分の考えをまとめてみると、結局M1版Macを買うかどうかは「物書堂次第」ということになりますね。どれだけ依存してるんだ、自分。

天祢 涼
そういえばApple SiliconでWindowsが動く・動かないという話はどうなったんだろうね。今回の発表会では触れなかったのかな?