紀伊國屋書店久留米店の合同サイン会でご用意したもの

いよいよ今度の日曜日に迫った紀伊國屋書店久留米店さんで行われる作家16人合同サイン会。

11月17日、紀伊國屋書店久留米店さんの合同サイン会に参加します&覆面作家の織守きょうや氏参加の理由!の巻

天祢涼も人集めで少しだけお手伝いしました。正直、そんなに作家が来るとは思わず、まずは最近やり取りした人や、過去に一緒に合同サイン会に参加した人にお声がけしまくりました。次にお声がけする方々のことも考えていたのですが、意外とみんなノリがよくて結構集まった(笑)。

そういうわけですので、お声がけしなかった方に対して決して他意があったわけではないのでご了承くださいm(_ _)m

……と、お断りしたところで本題。

せっかくの機会なので、サインだけでなく、なにかプレゼントしたい。というわけで、こんなものを用意しました。

『境内ではお静かに』番外編3編を収録した小冊子
(裏表紙は御朱印風)

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』は、横浜元町にある神社を舞台に、ちょっとずれたクールビューティーな巫女・雫と、訳あって神社で働くことになった信心ゼロの青年・壮馬が活躍する神社お仕事ラブコメミステリー。現在発売中の『希望が死んだ夜に』とは何一つ似ていない(笑)ミステリーです。

小冊子に収録したのは、以前noteにアップした話を再編集したもの。オリジナル作品ではないのですが、縦書きで本の形にしたのは初めて。来年早々には続編も刊行予定ですし、ぜひお読みいただければm(_ _)m

収録した3編がどれかは、当日までお楽しみに!

時間の都合で、20部つくるのが精一杯でした。結構手間がかかるので、今後刷る予定はなし。先着20名様になってしまいますが、ほしい方はぜひ久留米店にいらしてください!

余った分は別の機会に流用する予定。御朱印風裏表紙に、思いっ切り日付が入ってるけど気にするな!
天祢涼
本当は、もっといろいろ凝ったことをしたかったんですけどね。ちょっと忙しかったので無理でした(^_^;)

『希望が死んだ夜に』文庫版刊行時につくったフリーペーパーもお持ちできたらよいなと思っています。福岡の書店さんには配布しなかったので、こちらもぜひ!

というわけで、11月17日は紀伊國屋書店久留米店で僕と握手!