『陽だまりに至る病』を展開くださっている大変ありがたい書店さん

早いところでは既に売っているようですが、21日から順次発売になる『陽だまりに至る病』。『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』に続いて、仲田蛍刑事が探偵役を務める長編ミステリーです。

『陽だまりに至る病』

今回もたくさんの書店さんに置いていただいてます。豆色紙やポップが置かれていたり、平積みされたりしているのを確認できたお店をご紹介(敬称略、順不同)。

サイン本の在庫はツイート時点のものです。完売した場合はできるだけその旨を追記するようにしていますが、どうしても漏れがあると思います。ご了承ください。

精文館書店おゆみ野店

文芸新刊の棚に平積みに! こういうのは本当に、何年作家をやっていてもうれしい(o>▽<)o

写真は発売直後のもの。サイン本は割と早い段階で完売したとのこと。ありがとうございます!

ビッグワンTSUTAYAさくら店

以前から応援いただいているお店(行ったこともある)。『陽だまりに至る病』も、

棚一つ使って大展開いただいてます!

入荷していたサイン本は既に完売。『陽だまりに至る病』に引っ張られる形で『境内ではお静かに』『あの子の殺人計画』も売れて、この写真をいただいた時点で品切れとのこと。ありがたやm(_ _)m

コロナが収まったら、また宇都宮に餃子を食べにいって、こちらのお店にもうかがいたいです。

未来屋書店高の原店

サイン本を入荷していただきました。シリーズ作『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』も展開いただいているとのこと。ありがとうございます!

こちらのスタッフんさんからは、以前、仲田シリーズではない拙著にも感想をいただいたことがありますm(_ _)m

宮脇書店ゆめモール下関店

天祢涼の本をたくさん売ってくださってるお店(スタッフさんとはフルバ仲間)。豆色紙とポップを使っていただいてます。豆色紙を棚から飛び出す形で使ってもらってるのでアマネコが目立つ!

置いてもらってるサイン本には「通常版と同じ値段です」と書いてますね。「サイン本の方が高い」と思っているお客さんもいるらしいから、そういう人に配慮したのかな。みんな、同じ値段だから躊躇なくサイン本を買っていいんだぜ!(笑)

芳林堂書店高田馬場店

『陽だまりに至る病』のお名前入りサイン本の通販をしてくれていたお店。『陽だまりに至る病』以外にもサイン本を大量につくらせていただきました。仲田シリーズ、境内シリーズすべてのサイン本がそろっています。『陽だまりに至る病』は特典ペーパーのコピー(天祢涼が印刷したペーパーのコピー)同梱版。このペーパーは今後つくる予定はありません。正真正銘、写真にあるものが残りすべて。ほしい人はお早めに!

通販もやっているので、こちらからお申し込みください。

『陽だまりに至る病』以外のサイン本もぜひ! 『境内ではお静かに』のサイン本はなかなか通販の機会がないので狙い目です。単行本版の『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』には御朱印が捺してあります!(ちなみに豆色紙はこのお店限定版)

三洋堂書店新開橋店

名鉄神宮前駅から歩いたところにあるお店。駅を挟んで熱田神宮の反対側です。コロナの前、こちらのお店にご挨拶してから熱田神宮にお参りしたことが二度ほどあります(本当に早く収束してほしい、コロナ)。

こちらのお店では、豆色紙とポップに加え、サイン本を置いていただきました。同シリーズの『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』も。ありがとうございます!

なお、ポップにはスタッフさんのコメントも使わせていただきましたm(_ _)m

精文館書店中島新町店

何度かお邪魔したことがある、あおなみ線中島駅から少し歩いたところにあるお店。豆色紙と一緒にサイン本も置いていただきました! スタッフのHさん、いつもありがとうございます。いつか方向音痴に関して対談したい(需要があるのか不明)。

明林堂書店南宮崎店

豆色紙とポップに加えて、サイン本も置いていただきました。シリーズ3作展開の上に、なんとお店オリジナルのポップもつけてもらってます(一枚目の写真をクリックしたら表示されます)。熱いメッセージが書かれているようで光栄ですm(_ _)m

オススメのところでも展開していただきました\(^◇^)/

2022年3月20日時点でサイン本は完売御礼!

住吉書房登戸店

劇中のご当地・登戸にある書店。入って右手の棚に、面陳で大展開いただいてます。

豆色紙も使っていただきました。地元であることを強調した、ちょっとだけオリジナルバージョン。さらに『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』も追加で並べてもらいました。3作とも「登戸」という単語が出てきます。こんなに登戸が出てくるミステリーはほかに(たぶん)ないよ! 登戸に住んでる人は必読だ!(笑)

TSUTAYA向ヶ丘遊園店

入って少し進んだところの平台でどかん!と積んでいただいてます。豆色紙とポップも一緒。サイン本も置いてもらってます\(^◇^)/

未来屋書店有松店

『希望が死んだ夜に』のときからずっと応援してくれているお店。『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』と一緒に展開いただいてます。書店さんがつくってくれたポップも見てください。「天祢涼とはすごすぎじゃないか!?」という光栄なお言葉をいただいてます。もう一枚のポップには「本屋のおばちゃんも泣いた!!」というパワーワードが(笑)。コロナがなかったら拝みに行きたかった……。

2022年3月13日追記・サイン本は完売したそうです。ありがとうございますm(_ _)m

紀伊國屋書店佐賀店

『希望が死んだ夜に』や『境内ではお静かに』シリーズも展開くださった書店。今回も『陽だまりに至る病』に加えて、『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』とシリーズ3作展開いただいてます。版元がつくったポップは拡大してパネルにしてもらっている。すごい迫力!

TSUTAYA玉名店

「おすすめ」の一言と一緒にツイートいただきました。ポップに豆色紙、サイン本まで並べてもらってます。しかも文芸書の「話題書」コーナーの超絶目立つところで展開されている様子。ありがとうございます!

ブックポート鶴見店

鶴見駅から徒歩10分ほどのところにあるお店。『陽だまりに至る病』だけでなく、シリーズ第一弾『希望が死んだ夜に』のサイン本も平積みしてもらってます。『希望…』のサイン本を買えるお店は段々とかぎられてきているので、ほしい人は『陽だまり…』と一緒にぜひどうぞ!

鶴見店さん、ありがとうございます。これからも「猫作家」としてがんばります(`_´)ゞ

未来屋書店宇品店

サイン本を置いていただいてます。「飾りつけ無しで展開」で「すみません」と言っていただきましたが、いやいや、販促物と一緒に並べていただいて「けしからん」と怒る作家はいませんよ!(笑) 『Ghost』や『境内』も大展開いただきましたし、ありがたいですm(_ _)m

ブックポート栗平店

小田急線・栗平駅が最寄り駅の書店さんです。平台に豆色紙&ポップと一緒に展開中! サイン本も多数あります。奥には『境内』シリーズと『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』も。どちらも自分にとっては大切な本なので、ありがたいm(_ _)m

ジュンク堂書店広島駅前店

日本ミステリーの棚に、豆色紙&ポップと一緒に面陳で展開いただいてます。周囲に見えるのが某超有名賞にノミネートされてる作品ばかりの気がするけど……見なかったことにしよう(笑)。

でも非常に光栄ですm(_ _)m

話が逸れますが、左の写真の拝啓が青空みたいできれい。

文苑堂書店新湊店

右下の写真……シリーズ3作に豆色紙にポップ、さらにはサイン本、おまけに巨大ポスター……ご、合成じゃないよね?(笑) こんなに大きく展開いただき、ありがとうございます!

ポップには、こちらのスタッフさんからいただいたコメントが掲載されています。恐縮ですが、非常に光栄なコメントです!

紀伊國屋書店久留米店

2年半前、作家16人を集めて大サイン会を開催してくれたお店(天祢涼も参加)。文芸書コーナーで展開くださっている上に、サイン本も! 久留米近隣の人たちはゆめモールGO!です。

追記・2022年3月2日時点でサイン本の在庫僅少。

精文館書店豊明店

豊明店には何度か行ったことがあるからわかる……ここ、店内の超一等地だ……。あの場所に『陽だまりに至る病』をこんなに大々的に展開いただけるとは……! しかもサイン本もあり。シリーズ前二作もあり。感謝の言葉しかありませんm(_ _)m

2022年3月13日追記・サイン本は既に完売。その後も写真のように大展開いただきました! 「史上最高に優しいどんでん返し!」というのは光栄だし、タイトルはがんばって考えたので、このポップうれしい\(^◇^)/

ブックポート大和店

写真いただきました。新刊棚で豆色紙&ポップと一緒に展開中。「天祢先生 最新刊発売!」というポップ、シンプルだけどそれだけにうれしい\(^◇^)/

サイン本もあります。ほしい人はぜひ!

啓文社西条店

いつも拙著を横転してくれるスタッフさんがいるお店。今回も新刊の棚に置いてもらいました。「傑作」と言ってもらえている……非常に光栄ですm(_ _)m

コメリ書房鈴鹿店

スタッフさんから写真をいただきました。文芸書の棚に豆色紙と一緒に置いてもらってます。ありがとうございます!

スタッフさんは猫好きなので、そのパワーが乗り移ってアマネコが目立つに違いない。

うさぎや栃木城内店

『希望が死んだ夜に』文庫版を、超目立つポップと一緒に展開してくれたお店。『陽だまりに至る病』も大きく展開いただいてうれしい。サイン本もあるので、お近くの人はぜひ!

『陽だまり…』とは関係ないけど、うさぎやさんの店舗はどこもきれいなんですよね。栃木城内店さんも、行ったことはないけど写真から見るにかなりきれいな様子。

明林堂書店浮之城店

豆色紙をつけて平積みいただいてます。こちらのスタッフさんには『希望が死んだ夜に』文庫版のときからずっと推してもらっているのです。今回もTwitterで「全く新感覚のミステリー」という光栄な言葉をいただいてますね。ありがたやm(_ _)m

紀伊國屋書店仙台店

拙著を展開くださることが多い書店さん。豆色紙をつけて平積みしていただいてます。有名作品のただ中に置かれているようで恐縮ですが、光栄なことですm(_ _)m

TSUTAYA三軒茶屋店

『希望が死んだ夜に』文庫版のサイン本を、日本で一番売ってくれているお店。入ってすぐの超一等地に、大々的に展開いただきました。ポップは拡大してパネルに、表紙画像も拡大してポスターに……って、大展開すぎて興奮しまくりですm(_ _)m

上記ツイートのとおり、『陽だまりに至る病』だけでなく、『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』のサイン本もつくらせてもらいました。右上の写真にもご注目。黒地に赤い文字で書かれた、三軒茶屋店オリジナルポップです。迫ってくるような文面なので、ぜひ読んでみてください!

大盛堂書店

ご存じ渋谷のスクランブル交差点にある、日本で一番テレビに映る機会が多いと言われている書店。ここのお店に置いてもらうのって、自分にとっては「ステータス」なのです。『希望が死んだ夜に』も大々的に展開いただいたし、本当にうれしいm(_ _)m

うさぎや矢板店

『希望が死んだ夜に』を単行本時代から推してくれているスタッフさんがいるお店。シリーズ最新作である『陽だまりに至る病』も、ポップ&豆色紙と一緒に大々的に展開いただいてます。続きを読みたいという声に応えられるようにがんばります(`_´)ゞ

その後、サイン本も入荷していただきました!

三省堂書店海老名店

シリーズ3作まとめて平積みにしてもらってます。しかも熱いメッセージが書かれたポップを2枚もつけてもらいました。光栄すぎる……!

ポップにあるとおり、ほぼ小田急沿線の話です。海老名駅も小田急線。これはもう、海老名店に行ったら買うしかありませんね(笑)。

丸善名古屋本店

シリーズ前作『あの子の殺人計画』も大きく展開してくれたお店。豆色紙とポップだけでなく、サイン本も置いてもらってます。うれしい\(^◇^)/

ちなみに名古屋には何度か行ったことがあって、こちらのお店に客として寄りたいといつも思っているのですが、毎度道に迷ってスケジュールがぎりぎりになり、実現できずにおります。名古屋駅は方向音痴人にはカオス……!

ジュンク堂書店滋賀草津店

滋賀県にある書店。スタッフさんからは「ふみ出そうという気持ちを起こさせてくれる」という光栄な感想コメントもいただいています。サイン本も販売中。1週間は取り置きできるようなので、ぜひどうぞ!

ジュンク堂書店池袋本店

池袋にある超大型書店。以前、『セシューズ・ハイ』という『陽だまりに至る病』とはまるで要素が被ってない小説を展開いただいたことがあります。こちらのお店で『陽だまりに至る病』のサイン本を販売中……だったのですが、2022年2月21日時点で既に完売とのこと。ありがとうございます!

BOOKプラザ文華堂

小田急線湘南台駅のすぐ近くにある書店です。近くにあったら通っているに違いない、品揃えが個性的なお店。こちらでは、なんとサイン本を置いてもらってます。豆色紙も使ってもらっていて目立つ! 湘南台に住んでいる人はぜひ!

水嶋書房金剛店

いつも応援してくれている、金剛駅前にある書店。決して大きなお店ではないのですが、仲田シリーズを3作まとめて置いてもらってます! 豆色紙とポップも使ってもらってる……! ありがたいですm(_ _)m

その後、サイン本も入れていただきました!

文教堂書店溝ノ口本店

劇中のキーアイテムであるクローゼットをつくってもらいました! すごい!

『希望が死んだ夜に』『あの子の殺人計画』もロングで売ってもらっているようです。『境内』シリーズも一緒に置いてもらっていてうれしいm(_ _)m

その後、サイン本も置いていただきました\(^◇^)/

上記写真にポップのアップがこちら。

達筆Σ(゚Д゚;)

これを書いてくれたスタッフさんは、書道をやってるそうです。字が汚い自分からすると尊敬の念しかない……。

未来屋書店大日店

仲田シリーズ3作全部置いてもらってます。しかも後ろのポップを見てください。「担当オススメミステリ」「社会派ミステリーの名手」「ミステリーでありながら深く私達の社会を考える」など絶賛の嵐! いかん、このブログを書きながら顔がにやけてる(いや、まじで)。

その後、サイン本も入荷してもらいました\(^◇^)/

文信堂書店長岡店

豆色紙をつかってもらってる上に、シリーズ3作とも置いてもらってる\(^◇^)/ 文芸書のコーナーに『希望が死んだ夜に』の文庫がまざってるのが目立ってうれしい。『あの子の殺人計画』も2年近く前に出た本なのに平積みしてもらってます!

くまざわ書店辻堂湘南モール店

角の目立つところに平積み。仲田刑事は神奈川県警に所属しているという設定なので、神奈川の書店にこんな風に置いてもらえるのはとってもうれしい。しかもサイン本も入荷してもらってます!

現在、サイン本は完売しています。

くまざわ書店錦糸町店

豆色紙とポップを使ってもらってる上にサイン本まで! 前々からお世話になっているスタッフさんには「本の話」にコメントを使わせてもらったし、本当にありがたい。コロナが収まったら、みんなで飲みに行きましょう!←私信

ブックポート中野島店

入ってすぐのところにある平台で、仲田シリーズ3作まとめて展開中! 大きなポップもつくってもらいました。サイン本もあります。ご希望の方にはお名前を書くサービスも実施中です!

さらに追加のポップもつくっていただきました。『陽だまりに至る病』を読んでいるアマネコ&あまお・あまこ。あまこは『陽だまり…』を読んで泣いてるんですよ。かわいい!

2022年3月6日追記・その後、新しい子が増えました。