『希望が死んだ夜に』文庫版展開書店28 勝木書店本店

『希望が死んだ夜に』文庫版を展開くださっている&くださっていた書店さんを紹介していく連載。ばたばたしていて、少し間が空いてしまって申し訳ないです。

今回は、福井県にある勝木書店本店さん。色紙を飾っていただいたり、『境内ではお静かに』を展開していただいたりと、前々からお世話になっているお店です。

店長さんから、『希望が死んだ夜に』には「うちのスタッフがすごいポップをつけますよ!」とご連絡をいただいていたのですが。

本当にすごかったΣ(゚Д゚;)

書かれているコメントの熱量が半端ないです! 自分の本を読んだ人に、ここまで書いていただけるのは本当に光栄なこと。

感激したコメントを引用しようと思ったのですが、ほぼ全文になりそうなので断念しました。

クリックしたら画像が大きくなるので、ぜひ読んでみてください。こんなポップをつくってもらえる小説家は幸せだぞ(笑)。

このポップをつくってくださった方と直接の面識はないのですが、ある賞のニュースで拝見して存じ上げていました。自分が推薦する本について、熱く語ってらっしゃるのが印象的でした。そんな人にポップをつくってもらえたことも幸せです。

『希望が死んだ夜に』文庫版は発売から一ヵ月経ちましたが、まだまだ展開してくださる書店さんがあります。単行本版に続いて口コミでじわじわ広げていただいている様子。

何度も書いてますが、「版元が大々的に宣伝して、テレビで取り上げられて、発売即重版!」というシチュエーションには、もちろん憧れます。でも、「口コミでじわじわ広がっていく」というのは狙ってできることではない。

本当にありがたい経験をさせてもらってますm(_ _)m