『希望が死んだ夜に』文庫版展開書店2 大盛堂書店

『希望が死んだ夜に』文庫版を展開くださっている、大変ありがたい書店さんを紹介していく連載。

第2回は大盛堂書店さん。渋谷のスクランブル交差点にある、「日本で最もテレビに映る機会が多い」とも言われている本屋さんです。小さなお店ですが、方々に店員さんのこだわりが見られてすてき。イベントも頻繁に開催されているようです。

そんな大盛堂書店さんでは、『希望が死んだ夜に』の単行本版も売っていただきました……が、天祢涼はそのことをまったく知らず、何ヵ月も経ってから教えてもらい、大変恐縮した次第。

そのご縁で、文庫版も展開いただいてます。

2階で大展開中

大都会の真ん中で、それも大盛堂書店さんで自分の本がこんなにたくさん並ぶ日が来るとは……。昔々、本店ビルに行ったときは想像もしなかった。ありがとうございますm(_ _)m 先週、客としてお店に行った際、周囲に気づかれないようにこっそり拝みました(実話)。

『希望が死んだ夜に』は、上記の棚だけでなく、階段を上った平台にも置いていただいてます(先週時点)。そちらには、「ベルさんポップ書店員コメント入りVer.」も展示。企画もデザインもすべて自分でやって、ベルさんにご協力いただいた思い入れのある販促物なので使っていただけるのはとってもうれしい。

渋谷に行ったら、ぜひ大盛堂書店さんへ!

……全然関係ないのですが、大盛堂書店本店が閉店したのってもう14年も前なんですね。時間が経つのが早すぎる(^_^;)