「八重洲ブックセンターで実質3週連続1位」な『希望が死んだ夜に』はいまなら注文できます&仲田刑事が登場する新作執筆中

『希望が死んだ夜に』が八重洲ブックセンターさんの文庫ベストセラーランキング(2019年10月27日~11月2日)で3位になりました! これで初登場から3週連続のランクイン。6位→3位→3位です!

天祢涼から見れば雲の上にいるような方々の作品に交じってこのランク……これはもう、実質3週連続1位と言ってもよいでしょう!! ※よくありません

買ってくださった方はもちろん、Kさんを始め売ってくださったスタッフの皆様、ありがとうございますm(_ _)m

そんな「八重洲ブックセンターで実質3週連続1位」な『希望が死んだ夜に』ですが、先週までは一部で在庫切れ。タイミングによっては、書店さんからの注文に対応できなくなっていました。いわゆる「返本待ち」というやつです。

でも文春文庫の11月の新刊が刊行されたので、一気に返本が増加。在庫が復活したようです。

そんなわけで、「展開したかったけど注文できなかった」という書店様はいまがチャンス! もちろん、「在庫が少なくなってきたから追加したい」という書店様も大歓迎!! いま注文すれば、数日中にお手許に届きますよ!!!……確実なことは言えないけど(^_^;)

でも、自分で言うのもなんですが、大変高い評価をいただいている小説です。大きな動きになりつつあるので、応援いただければ大変うれしく思います。

作者お手製販促物もあります。ご連絡いただければ、できるだけ早くお送りします(17日の紀伊國屋書店久留米店さんのイベント後になります)。


まだまだ展開してくださっている店舗もあるし、『希望が死んだ夜に』の販促活動は、これからも続けていくつもり。

一方で、『希望が死んだ夜に』の仲田蛍刑事が登場する新作も執筆中です。仮タイトルは『あの子の殺人計画』。アリバイ崩しをメインにしたミステリーにしたいのですが、まだまだ詰めないといけないところがあって詳細は未定。続報をお待ちくださいませ。