ブックポート中野島店でかわいすぎる凧揚げと踊りが!

いつもお世話になっているブックポート中野島店のスタッフさんから、天祢涼コーナーの展開写真2023新年Verの写真をいただきました! あまりにかわいいので、声を上げないように注意してください。

まずはコーナーの全景から。

何度も書いていることですが、自分が書いた本をこんなにたくさん並べてもらえることはなかなかないのです。何度見ても感動。

これも何度も書いてますが、『彼女が花を咲かすとき』は版元品切れにつき、入手機会はかぎられています。ほしい人はお早めに!

『葬式組曲』にも新ポップをつくってもらってます。タイトルと菊の花、著者名を切り抜いてくれた様子。タイトルフォントを切り抜くなんて、なんて器用なんだ、スタッフさん……!

棚の方を見てみると……。

前回に続き、雫ちゃんが雪うさぎを持っています。かわいい。そのお隣の、アマネコたちにご注目。これから写真を大きくするぞ。いいか、声を出さないように気をつけるんだぞ?

凧揚げしている

ちゃんと凧糸があるんですよ。しかもこの凧、『境内ではお静かに』シリーズのサブタイトルを組み合わせたスタッフさんオリジナルなのです。これはもう、売り物にしていいレベル。すごすぎ!

アマネコとあまお、あまこ、すずねの4人(?)が凧揚げしていて、本当にかわいい……あれ? あまリスは? と思ったそこのあなた。ご安心を。あまリスもちゃんといます。これから写真を大きくするぞ。いいか、声を出さないように気をつけるんだぞ?(本日2回目)

(o>▽<)o

この扇はどこに売ってるんだ? スタッフさんオリジナル? どちらかわかりませんが、これをあまリスに持たせるセンスがすさまじい! あなたが神かっ!?(『キン肉マン』だけでなく『デスノート』も大好き天祢涼)

凧揚げをするアマネコ達。
舞い上がる凧と、舞い踊るあまリス。

というコンセプトだそうです。スタッフさん、いつも本当にありがとうございます!

ブックポート中野島店では、天祢涼のサイン本にお名前を書きますサービスを実施中です。通常版でも、レジで申し込んでもらえればサイン本にします(1、2週間お時間をいただく場合があり)。通販はなく、申し込みと受け取りで2回お店に行かないといけないので近隣の人向けのサービスですが、ほしい人はぜひ!

前述のとおり、『彼女が花を咲かすとき』は版元品切れにつき、サイン本を、ましてやお名前入りを入手できる機会はほとんどないよ!