コメリ書房松阪店で『境内ではお静かに』シリーズ展開開始! 「照れ顔の雫ちゃん」も降臨!!

発売からそろそろ2ヵ月経ち、各書店さんでの展開が一区切りつきつつある『境内ではお静かに』シリーズですが、ブックポート中野島店さんに神獣が降臨したり、エブリスタの特集に番外編を取り上げてもらったりと、未だ動きがあります(ありがたい!)。

さらに今週から、三重県のコメリ書房松阪店さんで展開が始まりました。発売2ヵ月経ってからの展開というのはなかなかないので、ものすごくうれしい(o>▽<)o

「展開したい」とご連絡いただいたときは小躍りしていたのですが、

まさかのワゴン展開!

こんな目立つ置き方をしてもらえるとは思っておらず、Σ(゚Д゚;)となりました。

手前のパネルをご覧あれ。友風子さんが特別に描いてくれた「照れ顔の雫ちゃん」を使ってもらってます。把握しているかぎり、売場に降臨するのは初めてです。かわいすぎる……。

イラストだけじゃない、デザインもかわいいですよね。赤い糸がハートに編まれてるし、タイトルロゴもさりげなく飾られてるし、薄紫と水色のテープで貼りつけたような感じになってるし。こちらは、パソコンに詳しいスタッフさんがつくってくれたそうです。ありがとうございます!

ワゴンの上には雫がいます。1作目の表紙を切り抜いてもらったようです。こんな手間のかかることをしてくれるとは……。改めてにこにこしてしまう。

「展開したいので豆色紙をいただけませんか」と連絡を頂戴したのでシリーズ3作分をお送りしたところ、なんと3枚とも使ってもらえました。それも、鳥居が入った立派な額縁とともに! 自分の豆色紙が神々しく見える(笑)。この額縁に入った鳥居もすごいです。ちゃんと「源神社」と書いてあるし。

源神社というのは、劇中で主人公たちが働いている神社の名前。

なお、手前にあるフリーペーパーは、コメリ書房鈴鹿店のスタッフさんからいただいたコメントが一番上に載っている、このお店でしか手に入らない限定版です。コメリ書房マニアは必ず手に入れよう!

天祢 涼
コメリ書房松阪店のスタッフさん、大展開いただきありがとうございます。改めて御礼申し上げますm(_ _)m

『境内ではお静かに』はシリーズ3作好評発売中。豆色紙やフリーペーパー等、販促物がいろいろあります。いまからでも展開いただける書店さんは、お気軽にご連絡ください! 未だ売れ続けている『希望が死んだ夜に』と一緒に展開なんてどうですかっ!?

おまけ

豆色紙に載せようと思ってノリノリで描いてたけど、途中で「著作権的にまずくね?」と気づいて泣く泣くボツにした、松阪市のご当地キャラ・ちゃちゃも(のつもり)のイラストもご覧ください。

これまで豆色紙にご当地キャラっぽいイラストを描いたことはありますが、ここまでたいしてうまくないくせに同じ絵柄はなかったので、さすがにまずいよね、と思って消しました。実は豆色紙ごとに変えようと思って、3パターン描いてた(^_^;)