戸田書店静岡本店に最後のご挨拶にうかがいました(MARUZEN &ジュンク堂書店新静岡店にも初訪問)

本日は静岡へ。来月で閉店が決まっている戸田書店静岡本店さんに、最初で最後のご挨拶にうかがいました。

戸田書店スタッフのメロンパンさん(仮)には前々からお世話になっていて、天祢涼のサイン本もたくさん売っていただきました。「いつか行きますね」とは言っていたのですが、なかなか機会がなく……。関西に行った帰りに途中下車しようかと思ったこともあるのですが、人見知りなもので帰りの新幹線ではいつもぐったりしています。

「大きなお店らしいし、そのうち機会もあるだろう」と思っていたら閉店……驚いたし、残念です。

さすがに一度もご挨拶に行かないわけにはいかない!というわけで、例によってマスクと帽子と眼鏡、さらに消毒液持参で静岡へ。

到着。少し早く着いたので店内(広かった!)を見て回った後、本を購入してメロンパンさんにご挨拶。実は会うのは3度目なのですが、メロンパンさんは天祢涼がいることにだいぶ前から気づいていたらしい。完全に顔を隠していたんだけどな。溢れ出る気品とオーラを隠し切れなかったか……っ!←絶対違う

メッセージカードをつくらせていただきました。天祢涼の本を買ってくれた人に配ってもらえるよう。戸田書店静岡本店限定です。一部のカードにはアマネコのほか、富士山もどきやミカンらしきものを描いています(段々盛り上がって描くものが増えていった)。

天祢涼画伯が描いたアマネコ以外のイラストを手に入れられるまたとないチャンスだよ! 戸田書店で本を買おうね! 代引きもあるそうだから静岡にいない君もチャンスはあるよ!

天祢 涼
我ながら、これほどありがたみのないチャンスも珍しいでござるな。

「今、読んでほしい注目の作家」として大きく展開していただいてますm(_ _)m

戸田書店静岡本店さんには最初で最後のご挨拶になってしまい、本当に残念。お時間くださったメロンパンさん、Mさん、ありがとうございます。書店にかぎったことではないけれど、「そのうち行きます」ではだめですね(コロナのせいで、気軽に遠出はできないのですが)。


戸田書店静岡本店さんを出た後は、MARUZEN & ジュンク堂書店新静岡店さんへ。前々からお手紙でやり取りしていた書店員さんに遂にお会いできました。副店長さんにもご挨拶させていただき、ありがとうございます。

『あの子の殺人計画』『希望が死んだ夜に』『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』が文芸書のコーナーで展開中。

『希望が死んだ夜に』は学園ミステリーのコーナーにも置いてくださっています。椅子(?)に置いてもらっていて、ほかの本より目立ってる(笑)。

Kさん、副店長さん、お時間いただきありがとうございました。

天気予報によると、静岡は今夜から大雨が降る様子。大きな被害が出ないことを祈っております。