ブックポート中野島店に「正月」なポップをつくっていただいた(o>▽<)o

いつも大変お世話になっているブックポート中野島店さんが、正月飾りのポップをつくってくださいました!

売場全体が正月の雰囲気になってますが、天祢涼が書いている『境内ではお静かに』シリーズの周囲に注目。

鏡餅と門松で新年感がすごいのですが、真ん中にいるアマネコとあまお&あまこをよく見てください。

破魔矢を持ってる、しかも色違い
しかもしかも、『境内』シリーズのサブタイトルも全員違う

こんなポップ……いや、もう「ポップ」というレベルではない気もしますが(笑)、とにかく、こんな凝ったものをつくってもらえて本当にうれしい。自分の本を飾ってもらっているから言うわけではありませんが、かわいいしね(o>▽<)o

門松と鏡餅をよく見ると、ブックポートのロゴが飾られております。そちらにも注目。

ブックポート中野島店のスタッフさん、すてきなポップをありがとうございます。天祢涼にとっては、ひと足早い「お年玉」になりましたm(_ _)m

ブックポート中野島店では、天祢涼のサイン本に「お名前を書きますサービス」を実施中。『境内ではお静かに』のほか、『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』のサイン本もまだ在庫があります。

天祢 涼
『Ghost』は自分で言うのもなんだけど、隠れた名作ですよ!

『希望が死んだ夜に』のサイン本は、多分、ほかの書店でもだいぶ入手困難になっています。シリーズ最新作『陽だまりに至る病』が来年2月に出るし、いまのうちに読んでおこう!