新刊の進捗状況とか、『境内ではお静かに』3作目のこととか

先日書いたとおり、『あの子の殺人計画』が『ハヤカワミステリマガジン』の「ミステリが読みたい!2021年版」で7位にランクインしました。応援くださった方々に改めて御礼申し上げます。

おかげさまでシリーズ第一弾『希望が死んだ夜に』ともどもまだまだ売れている様子。先日も二店舗から『殺人計画』と『希望』の販売数についてうれしいお知らせをいただきました。ちょっとばたばたしているのですが、近日中に豆色紙をつくってお送りする予定です。たくさんのお店で長く売っていただき、本当にありがたいかぎりm(_ _)m

一方で、そろそろ新作も出さないと……というわけで、星海社FICTIONSから発売予定の『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』について。

大きな山場は越えて、ただいまいろいろ準備中です。発売日やイラストレーターさん等、遠くないうちに情報解禁できると思います。これまでの天祢涼の小説の中ではぶっちぎりで青春色の強いミステリー。詳報をお待ちください。

『境内ではお静かに』3作目も絶賛執筆中。一通り書き終わってはいます。ただ、いつも書き上げてから、直して直して直しまくって、第一稿の原形をおとどめなくなってもなお直しまくるので、世に出すまではまだ少し時間がかかりそう。こちらに関しては気長にお待ちくださいm(_ _)m

『希望』『殺人計画』に続くシリーズ第三弾『oxygen(仮)』も構想は見えつつあります。これも気長にお待ちくださいませ。

以上、(たぶん)久々に、お仕事の情報に特化したブログ記事でした。