『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』のゲラを読んでくださる書店員さん募集中

昨夜、『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』のゲラを読んでくださる書店員さんを募集するツイートをしました。


ちなみに一部で話題(?)の作者お手製ネタバレペーパーは、こんな風につくっています。

使用アプリはInDesign CS6。9年前のバージョンだけど、まだ現役。


で、Twitterで当たり前のように書いてしまいましたが、ブログでも告知すると「境内」シリーズ3作目のタイトルは『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』です。

これまで散々『巫女と御神体の事件帖』という仮タイトルで予告していて、正式タイトルが『神盗みの事件帖』。これだけでどういう事件が起こるか、なんとなく想像はつくのではないかと。

ちなみに「この時間をすぎたら仮タイトルのまま告知する」というタイムリミットの3時間前に降ってきたタイトルです。そう、今回は珍しく天祢涼が考えたタイトルが採用されたのです\(^◇^)/

天祢 涼
「なかなかミステリアスでいいんじゃないか?」とにこにこしているのですが、間違えて『神頼みの事件帖』と書いちゃいそう。


『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』は5月発売。4月発売の『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』文庫版もあわせてよろしくお願いしますm(_ _)m