『希望が死んだ夜に』展開書店51&『境内ではお静かに』展開書店紹介その31 三洋堂書店新海橋店

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』文庫版を展開くださっている書店さん紹介。その31は、愛知県名古屋市にある三洋堂書店新開橋店さん。以前も書いたとおり、超巨大書店なので遠くから見えて、迷わずにたどり着けます。精文館書店中島新町店といい、未来屋書店有松店といい、名古屋には方向音痴に優しい書店が多い。←違う

こちらのお店では、こんな風に『境内ではお静かに』を展開いただいています。版元がつくってくれたポップや、天祢涼お手製フリーペーパーも一緒。隣には『希望が死んだ夜に』とそのフリーペーパーも! これだけで、もう充分ありがたいのですが、注目は左上。

『希望が死んだ夜に』の単行本版だ!

文庫化に伴い、販売終了になった単行本版。一応、まだ版元に在庫はあるようなのですが僅少で、いつなくなるかわかりません。文庫にする際に内容を結構いじったので、本編のクオリティーは「文庫版の方が上」と自負してはいます。文庫版の表紙も、デザイナーさんにとてもきれいなものにしてもらいました。

でも単行本版は単行本版で、とても美しい本です。このデザインには個人的にも強い思い入れがあります。なので、「文庫版と一緒に併売」というのはとてもうれしい。

『境内ではお静かに』の単行本版も、文庫版とはまた違った美しさがある本です。表紙の雫は参拝者向けの笑顔ですしね(笑)。

三洋堂書店新開橋店のスタッフさん、ありがとうございましたm(_ _)m