『希望が死んだ夜に』展開書店紹介その3 ブックポート中野島店

発売一年以上経っても『希望が死んだ夜に』を展開くださっている書店さんを紹介していく連載。第3回はブックポート中野島店さん。日本で一番最初に「天祢涼コーナー」をつくってくださった、永久に足を向けて寝られない書店です。このコーナーができてから、ベッドの向きを変えました(ごめん、言いすぎた)。

他店のブックポート関係者さんが「30-40冊は売りたい」と言ってくださったそうですが、既にその数は優に超えました。そして少しずつではありますが、未だに売れ続けているとのこと。もちろん、「劇中の舞台の近くだから」という理由もあるでしょうが、大々的に、長く展開してくださっているからこそ。ありがたいことです。

こちらのお店でサイン本をお買い上げの方にはお名前を書くサービスをやっておりますが、『希望が死んだ夜に』は既に完売。現在は『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』と『彼女が花を咲かすとき』のみです。ご希望の方は早めにどうぞm(_ _)m

【新企画】ブックポート中野島店さんで天祢涼のサイン本をお買い上げの方にお名前を書かせていただきます

なお、ブックポート中野島店の店長さんが、斎藤千輪さんの『コレって、あやかしですよね? 放送中止の怪事件』の帯にコメントを寄稿なさってました。店長さんのお名前が帯に載るのは初めてとのこと。「斎藤千輪に先を越された!」と、ちょっと……いや、かなり悔しい(笑)。

『コレって、あやかしですよね? 放送中止の怪事件』は、お店に入ってすぐの平台で展開中です。『希望が死んだ夜に』は、その手前と、文芸書の「天祢涼コーナー」で展開中。よろしくお願い致します!

重版寸前まで来ている『境内ではお静かに』も、ぜひご贔屓に!