八雲神社に行った日の夜、キン肉マン酒場で夢のような時間をすごした

1月15日。「地元」の八雲神社で「お日待ち講」という祭事があると知り、行ってみることにしました。神社ミステリーを書いているので、興味があったのです。

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』

八雲神社があるのは、JR南武線稲田堤駅を降りて少し歩いたところ。(地元の人にしかわからない話ですが)登戸に住み、登戸〜中野島駅間徒歩30分の距離が散歩コースの天祢涼でも、さすがに少々厳しい。というわけで、今回は電車を使いました。

先週は、八雲神社の近くにある子之神社の「お的祭」に行ってきました。的を矢で射る祭りで、おもしろかったです。ここの社殿は、ご神木の樹皮や、巨大な算盤が飾られていたり、見たことがない類いのもので新鮮でした。

八雲神社は、社殿と神楽殿が一体になっていて、ちょっと不思議な雰囲気(肝心の写真を撮り忘れた_| ̄|○)。この日は活気があったけど、普段は無人なのかな? 甘酒やミカン、お団子までいただきました。ご馳走さまでしたm(_ _)m

御朱印もいただきました。去年から始めたそうです。氏子さんたちが神社を盛り上げようとしている情熱がひしひしと伝わってきますね。すてきです。

お日待ち講について。無知なもので、こういう儀式があることを初めて知りました。

宮司さまが社殿に上がって、儀式開始。寒かったのと、仕事があるのとで途中で帰りましたが、非常に有意義な時間をすごせましたm(_ _)m

帰りは、調子に乗ってぶらぶら歩いて帰宅。途中、「源義経が渡った」という伝承がある橋を見つけて、ちょっと運命を感じた。

『境内ではお静かに』で主人公たちが働いている神社は、「源義経を祀っている」という設定なのです。

帰宅して、さあ、仕事……と張り切ったところで、うれしい誤算が発生。キャンセルが出たのか、「キン肉マン酒場」に空きができてる。

新宿歌舞伎町に期間限定でオープンしている「キン肉マン酒場」は完全予約制。今月29日と閉店日が迫っていることもあってか、空きはほとんどなかったのです。

これは行くしかないだろう! キン肉マン好きだし!! ということで全力で急ぎの仕事を終わらせ、キン肉マンになんの興味もない知人を誘って新宿へGO(2人からの予約しか取れなかったので連れが必要でした)。

場所はビルの5階。エレベーターを降りたら原画が飾られていて、この時点で興奮度MAXです。さらにキン肉マンのアニメ主題歌も流れてきて、もうどうしていいかわからぬ状態に。

テーブルに通され、いざ食事開始。料理は『キン肉マン』とのコラボメニューがたくさんありました。これはたまらん!

店内はキン消しやフィギュア、シャツなどキン肉マングッズで満載。

ロビンマスクになって、キン肉マンと一緒に写真も撮りました\(^◇^)/

『週刊プレイボーイ』さん、すばらしいコラボ酒場をありがとうございました。本当に楽しかった。ぜひ常設店にしていただきたい!

帰宅したら疲れていたし、翌日は健康診断だったので、早めに就寝。八雲神社の「お日待ち講」のことは早めに書きたいし、キン肉マン酒場のこともあるし、16日にブログをアップしよう……と思っておりました。

でも日付を見てもらえばわかるとおり、この記事を書いているのは1月17日です。実は昨日(16日)は、思いがけない出来事がありました。16日になにがあったのか? 天祢涼を襲った悲劇、果たしてその正体は!? 次回、想像の域を超える事件の全貌が明らかに!(なるかもしれない)

※2019年1月25日追記・全貌を明らかにしました。

胃内視鏡検査で麻酔を使うときには気をつけよう!2019