『陽だまりに至る病』を東京新聞の「大波小波」に取り上げてもらいました

先ほど担当さんからも連絡をもらいましたが。

というわけで、拙著『陽だまりに至る病』を6月10日の東京新聞夕刊「大波小波」のコーナーで取り上げていただきました。

天祢 涼
この欄には、以前、『あの子の殺人計画』も取り上げてもらったことがある。

「貧困問題に切り込むミステリー」という見出しで、作者自身が「こういうところを読んでほしいなあ」と思ったところに触れてもらってます。作家冥利に尽きるというもの。しかも、発売から少し時間が経ってからの紹介……大変うれしく、光栄です。「希」さん、ありがとうございました。

『あの子の殺人計画』に続き、『陽だまりに至る病』にも沢山の書評をいただいています。これを励みに、次の小説もがんばって書きますm(_ _)m