ポメラで小説を書くことを断念したメフィスト賞作家の話

いまさら言うまでもありませんが、天祢涼は書くのが遅いです。速筆の作家に憧れています。

全員ではないけど、自分が憧れる「速筆作家」はポメラを使っていることが多い。キングジムが出している、本当にメモしかできない例のアレです。何年か前にDM100(2011年に出た現行機種より古いやつ)を中古で買ってみたのですが、Evernoteとの同期がうまくできなくて長いことしまっていました。でも「ポメラで書けば速筆作家になれるかも?」と思って前線復帰。試してみました。

で、結局、挫折しました……メインで使うのは。

以下、自分がポメラ使い(ポメラニアン)になれなかった理由を列記します。ポメラニアンを否定しているわけではありません。むしろ、ポメラニアンになりたかったのになれなかった……と忸怩たる思いを抱いていることをご理解ください。

1 「かわせみ3」が好き

いや、「ポメラを使ってみよう!」と企図していながら、そもそも論甚だしいのですが。

天祢涼がMacで小説を書くときに使っているのは「かわせみ3」。これが軽快だし、カスタマイズの自由度が高いし、iCloud経由で辞書だけでなく学習履歴も同期してくれるしで、とにかく最高なんですよ。かれこれ10年以上使っていて、何度かほかに乗り換えようと思ったこともあるのですが、結局は戻ってきてしまう。

DM100はATOKなので、「かわせみ3」が使えません。使っていると、どうしても「かわせみだったら……」と思ってしまう。これはもう、ポメラの問題ではありません。自分が「かわせみ3」が好きすぎることがいけないのです。

物書堂が「かわせみ3」をリリース



2 タイプミスが多い

天祢涼はタイプミスが多いです。運指が独学で、実は未だにブラインドタッチもできないです(頻繁にキーボードに視線を落としている)。「かわせみ3」の補正機能にだいぶ助けてもらってます。

ポメラDM100には補正機能も、予測変換の表示も一切ありません。結果、ミスタッチを連発。正確に(とまでいかなくてもかなり正しく)タイピングできる人向けのガジェットではないかと思いました。

一応、言い訳しておくと、天祢涼のMacのキーボードはUS配列なので、JIS配列のDM100とは異なります。また、中古で買ったせいかチャタリング(1回しかキーを押してないのに2回押した扱いされること)が異様に多い。これもDM100で書くとタイプミスが多い一因だとは思います。

チャタリングに対しては、なんとなく対策がわかってきましたが。

3 構成を考えながら書くのが難しい?

これが一番の問題なのですが。

天祢涼は小説を書くとき、まず全体の構成を考えてから書き始めます。この構成は、書いているうちにどんどん変わっていきます。登場人物の性別が変わることはザラ、最初の構成が原型をとどめなくなることも珍しくありません。

いま書いてるやつも、トリックには問題ないのですが、警察が見抜けないことがバカすぎることに気づいて前の方から修正中。

Scrivener 3に慣れていると、ポメラで構成を練り直したり、順番を入れ替えたりするのがかなりの手間。タッチパネルではないし、マウスも使えないので、カーソルキーで前の方に遡らなくてはなりません。これがストレス。途中から「どこを直せばいいんだっけ?」「ここ直しただっけ?」などと混乱することに。

とても長い小説は書けません。

思うに「最初から構成が決まっていて、あとは書くだけ」ということができる人向けのガジェットなんじゃないかな、ポメラは。自分のように「書きながら考える」タイプには向かないのかも……と思うのですが、ポメラニアンに話を聞いたことがないのでわかりません(機会があったら、どうやってポメラを使っているのか教えてほしい!)。

1と2はなんとかできるかもしれませんが、3は自分の執筆スタイルには致命的。結局、ポメラをメインマシンにすることは断念せざるを得ませんでした。

……と、ここまで書いて気づいたのですが、天祢涼の筆が遅い最大の原因は3、「書いているうちに構成がころころ変わること」なのかもしれません。昔と違ってかなりきっちり決めてから書くようになったので、大幅修正はだいぶ減ったけどね。それにmonokakiさんの取材でも似たようなことを話したけど、おもしろいアイデアが浮かんだからブレるんだ!と開き直ってますし。

結論・天祢涼の筆が遅いのは道具の問題ではく、頭の構造の問題。それでも少しでも速く書ける方法を模索中だぜー!

天祢 涼
ポメラが不要になったかというとそんなことはなく、ブログのように短い文章や、出先でちょっとしたメモを取るときに活躍してくれています。この記事もポメラで下書きしました。