『Ghost』装幀ラフが全部すばらしかった件

2021年前半に星海社FICTIONSから発売予定の天祢涼の新刊『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』。イラストレーターさんが描いてくれたラフを見せてもらいました。

何パターンかあったのですが、どれもすばらしい! 一つに絞るのは無理!! というわけで、天祢涼初、「内容は同じだけど表紙は複数」というバリアントカバーで発売することになりました。アメコミではおなじみの手法、遂に日本もアメリカに追いついた!……のはずがなく、泣く泣く一つに決めることになりました。

自分が思うところは書くだけ書いてメールしたので、あとは担当さんの方で決めてくれるでしょう。

ちなみに天祢涼は表紙に関して、意見は言いますが基本は編集部にお任せするタイプです。理由は文学YouTuberベルさんとの対談動画で語ってます。気になる人はさがしてみてください(自分がきょどきょどしている動画なのでリンクは貼らない・笑)。

どんな表紙になるか、いまから楽しみ。

天祢 涼
この記事のトップに掲載している画像は、天祢涼がMediBang Paint Proというアプリで5分ほどつくったものであって、実際の表紙デザインとは一切関係ありません。