文学YouTuberベルさんに『希望が死んだ夜に』をご紹介いただきました

このブログは裏でちょっとしたバグが発生しておりまして、その関係でPHPやMySQLのバージョンを上げることになりました。なにを書いているのかわからない人もいると思います。私もです。

バグの解消法を調べているうちに、どうもいろいろなもののバージョンを上げないといけないことがわかり、理屈もわからないままその作業に集中する羽目に。今週は、それに思いのほか時間を取られました。

というわけで、予定より仕事が大幅に遅れているのですが、そんな中、うれしいお知らせがありました。

以前、文学YouTuberのベルさんが「ベルりんの壁」で拙著『希望が死んだ夜に』のあらすじを紹介してくださいましたが、昨夜、なんと『希望が死んだ夜に』の書評動画もアップしていただきました!

最初から最後まで『希望が死んだ夜に』の話だけ!! とんでもなくありがたい動画です。映像も凝ってるし、天祢涼の年齢にも触れてくれてるし(笑)、ぜひご覧ください。

『希望が死んだ夜に』

この動画がアップされてから、Amazonのランキングが跳ね上がり、なんと在庫なしに。なんて威力だ、「ベルりん砲」……! この星ごと消すつもりかっ!?←ドラゴンボール大好き天祢涼

定期チェックしているわけではないので、前から在庫がなかったとしたらごめんなさい。

再三書いているとおり、『希望が死んだ夜に』は文庫版の発売が決まったため、現在ある分が売れたら販売終了になります。文庫版では、ストーリーは変わらないけれど、下記の修正を施すつもり。

  • 全体的に細かい文章を改変
  • 真壁パートで聞き込みシーンの一部を変更
  • 設定が甘かったところを直した余波で、ある人物の髪形を変更
  • 視点人物の終盤における行動が若干不自然だったので変更


言われないと気づかない変更ばかりなのですが、こういうちまちました修正は嫌いじゃない(笑)。

当然、内容のクオリティーは文庫版の方が高いはずですが、単行本はとても美しい本です。例えばエメラルドグリーンの帯は、おそらく文庫には流用できません。

版元在庫は僅少のようなので、気になる方は書店で見つけたらぜひお買い上げくださいませm(_ _)m