憧れのシチュエーション×2

世間から姿を消して「俺はいま死んだことになっているからな」と語るシチュエーションには誰もが一度は憧れるよね! と、誰に話しても、一度も賛同を得られたことがありません。そういうものでしょうか?

ちなみに覆面作家をやっていたときは、本物の覆面を被ったまま人前に出て、誰かに覆面を破かれ素顔を曝し、「ゲーッ、お前は!」と言われたり、「とうとう見られてしまったなー!」と言ったりするシチュエーションに憧れていました。

覆面の話は、いろいろな人から「バカなの?」と本気でツッコミを入れられております。
by 天祢涼(あまね りょう)