「県北どらくろあ」に『希望が死んだ夜に』を取り上げていただきました

広島県庄原市で発行されている本と地域の情報誌「県北どらくろあ」(第20号)の「今月の3冊」のコーナーに、『希望が死んだ夜に』を取り上げていただきました!

「県北どらくろあ」は、庄原市の古書店・どら書房さんが発行している本と地域情報のミニコミ誌。店主の赤川仁洋さんとは私がデビューする前からインターネット上でお付き合いがあるのですが、大変公正な方で(笑)、これまで天祢涼の小説は「今月の3冊」に取り上げられませんでした。

今回の『希望が死んだ夜に』が「今月の3冊」初掲載になります。ちょっと認めてもらったようで、本当にうれしい。ありがとうございました!

天祢涼はまだ行ったことがないのですが、どら書房さんは居心地がよさそうな、すてきなお店です。近くにお住まいの方は、ぜひ足をお運びください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアお願いしますm(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

あまね りょう
講談社のメフィスト賞でデビューしたミステリ作家です。著書に『キョウカンカク』『葬式組曲』『謎解き広報課』ほか。このブログでは仕事情報のほか、MacやiPhoneのネタ、猫写真などをアップしております。