ブックポート中野島店で今年も七五三!

いつもお世話になっているブックポート中野島店さんで、去年に続いて今年もかわいすぎる七五三が開催されています!

七五三の前に、まずは入ってすぐの平台の写真をご覧ください。

自分の本と関係ないけど、ずっと川崎市民をやってるので『川崎怪談』を買わなくては、

にゃんすた〜ず達はすっかり秋モードでお出迎え。

引き続き、アマ・あまトリオたちがお茶会をしながら『拝啓 交換殺人の候』『陽だまりに至る病』を展開してくれています(サイン本は既に完売)。

注目の七五三は、文庫棚で展開してくれている天祢涼コーナーにて。

相変わらずの大展開! うれしい\(^o^)/

そしてそして……!

七五三(o>▽<)o

アマ・あまトリオが今年も「境内シリーズ」タイトルつき千歳飴を持ってくれている……。リボンもかわいい (´∀`*)

天祢 涼
早く4作目を書かなくては……っ!

さらに今年は、去年はいなかったあまリスとすずねもいます。しかも、あまリスは。

源神社のお守りを持っている!

天祢涼が『境内ではお静かに』シリーズの単行本のサイン本に捺している御朱印(文庫はなし)から、スタッフさんがつくってくれたそうです。この御朱印、イラスト担当の友風子さんにも描いてもらったし、どんどん存在感が増してるな。

『彼女が花を咲かすとき』に、今月もお花をつけてもらっています。今月はゲッカビジンとバラだそうです。ゲッカビジンは前からありますが、近く(でもないか・笑)の生田緑地でバラ苑が開催中なので、バラにしたそうです。これぞ地元密着っ!

ブックポート中野島店のスタッフさん、今年もかわいい七五三をありがとうございましたm(_ _)m

ブックポート中野島店では、天祢涼のサイン本にお名前を書きますサービスを実施中。2022年10月31日時点で、残っているサイン本は『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』1冊のみですが、通常版でもレジで申し込んでもらえればサイン本にします。申し込みと受け取りで2回お店に行く必要があるので(通販はしていない。お渡しまで1-2週間かかる場合あり)近隣の人向けのサービスになりますが、ほしい人はぜひ!