『犬を盗む』拝受

先ほど更新した『うさぎの町の殺人』と同じく実業之日本社さんから佐藤青南氏の新刊『犬を盗む』をいただきました。

殺人現場に残された愛犬の痕跡――真実を知るのは、その瞳だけ。
デビュー10周年、著者入魂の慟哭ミステリー!


高級住宅地で一人暮らしの老女が殺害された。部屋には、かつて犬を飼っていた痕跡があり、刑事たちは周辺の捜査を開始する。一方、雑誌記者の鶴崎は、あるスクープをモノにするためコンビニでアルバイトを始める。同じコンビニで働く松本の過去を知る鶴崎は、松本が突然犬を飼い始めたことに驚愕するが――。

深まる謎、犬との絆に感涙&一気読み必至! 

貫井徳郎氏も驚嘆の長編ミステリー。
「細かい違和感を憶えておいて。最後に『なるほど』と思うから」

版元のサイトより

愛犬家の青南さんらしい10周年記念作品ですね。同封されていたリリースに掲載されていた青南さんの写真が、もう……愛犬をだっこして満面の笑み。素敵です (´∀`*)

楽しみに読ませていただきますm(_ _)m

hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m