『科捜研の女 劇場版』(宝島社文庫)をいただきました

宝島社さんから『科捜研の女 劇場版』(宝島社文庫)をいただきました。『相棒』よりも長く続いている、テレビ朝日の看板シリーズ。その劇場版のノベライズです。

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)に所属する法医学研究員・榊マリコ (沢口靖子)は「科学は噓をつかない」を信条とし、研究所のスペシャリストチームや捜査一課の土門刑事(内藤剛志)らと共に、最新技術やデータを武器として数々の事件を解決に導いてきた。

そんなマリコらが直面するのは、シリーズ史上最難関の事件「世界同時多発不審死事件」。
京都を皮切りに世界中に広がる死の連鎖、現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを操る<史上最強の敵>。
究極の決断を迫られたマリコが最後にとった行動とは――
いま、衝撃の“最終実験”が、はじまる。

版元のサイトより

本編もさることながら、櫻井武晴さんと法月綸太郎さんの対談も収録されてます。こいつは楽しみだ!

宝島社さん、ありがとうございましたm(_ _)m

櫻井武晴(脚本) 百瀬しのぶ (ノベライズ) 宝島社文庫
hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m