Twitterのアイコンを著者近影に変えたわけ

Twitterのアイコンを写真家・木村篤史氏に撮ってもらった著者近影に変えました。天祢涼は基本的に新刊の表紙をアイコンにしているので、極めて例外的な措置です。これは、今週日曜日の谷津矢車さんによるスペースでのインタビューに備えたもの。

6/20PM9時から『小説家の話を聞いてみよう#6』に出演。谷津矢車さんにインタビューしていただきます


最新刊『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』の表紙アイコンのままスペースをしたら。

こんなかわいい巫女さんが、アラフォーのおっさんの声でしゃべることになるわけで、これはもう、友風子さんのイラストへの冒瀆です。というわけで、一時的に著者近影にしました。スペースが終わったら戻します。


谷津矢車さんによる「小説家の話を聞いてみよう #6」は6月20日(日)21時からTwitterのスペースで。小説の話をいろいろ訊いてもらう予定。だいだい1時間半の予定で、最後の方は質問タイムもあり。小説に関することなら基本、なんでもお答えします。文章でしかやり取りしたことがない人も、この機会にぜひお話ししましょう♪