Mac版「辞書 by 物書堂」がリリース! 一発検索できるショートカットを設定してみた

物書堂のアプリを駆使して小説を書いてるミステリー作家・天祢涼です。

2021年4月30日、その物書堂がMac版の「辞書 by 物書堂」をリリースしました。iOSで購入した辞書もそのまま使える優れもの。しかもM1 Macだけでなく、Intel Macでも起動します。

神だ……私は神の降臨を目の当たりにした……!

これまではiPhoneに物書堂の日本語系辞書を6つ入れていたのですが、いちいち手に取るのが面倒で、macOS標準搭載の辞書アプリで済ますことが多かったんですよ。「どうしてもこの表現では納得できない」という「ここぞ」というときにのみ使うことが多かったのです。

それがMacでも自由に使えるように! 神だ……私は神の降臨を目の当たりにした……!←興奮しすぎにつき2回目

設定でクリップボード検索をオンにすれば、クリップボードにコピーされたテキストが自動的に検索ウインドウに打ち込まれます。これでも充分ありがたいのですが、できれば選択したテキストをワンクリックで辞書で引けるようにしたい。PopClipのExtensionも自作できるようだけど、ショートカットでもできないか? というわけで、無理やり設定してみました。

まだ設定したばかりなので、使っているうちに不便なところが出てくるかも。というわけで、自己責任でお願いします。

目標・テキストを選択した状態でショートカットを入力すると「辞書 by 物書堂」が起動して検索されるようにしたい

この状態で『ショートカット入力→「辞書 by 物書堂」起動→「目標」が検索される』がゴール。

最初にやったこと

まずはショートカットで「辞書 by 物書堂」が起動するようにしたい。幸い、電脳TIMESさんのこちらの記事を参考にAutomatorを使ったらあっさりできました(電脳TIMESさん、ありがとうございますm(_ _)m)。

天祢涼の場合はcontrol+shift+1という普段は絶対に押さない組み合わせのショートカットで「辞書 by 物書堂」を起動させる設定に。

毎度おなじみ、BetterTouchTool

ここまで来ればあとは楽。BetterTouchToolで、egword Universal 2に下記画像のトリガーを設定します。

いろいろ設定しすぎて、なんのためにつくったか自分でもわからんトリガーがある


「辞書 by 物書堂」を起動させるトリガーは一番下です。任意のトリガー(この場合はcommand+Dだけどなんでもいい)を設定。それから下記のアクションを加えます。

command+c(コピー)

control+shift+1(さっきAutomatorで設定した「辞書 by 物書堂」を起動させるショートカット)

これにて目標達成\(^◇^)/ 本当はAutomatorだけで完結させたかったんだけど、テキストをクリップボードにコピーする設定がうまくいかなかったので断念した。

天祢 涼
command+Dは「複製」が割り当てられてるアプリが多いです。天祢涼はデザイン系のアプリ以外では滅多に使わないので、egword Universal 2のほか、Scrivener 3とAppleの純正メモアプリをこの設定にしましたが、気になる人は避けた方が無難です(自分もそのうち違うショートカットにするかも)。


前述のように、まだ試用段階なので自己責任でどうぞ。


「辞書 by 物書堂」が上記の設定で問題なく使えたら、macOS標準の辞書アプリは起動させず、3本指クリックだけで使うようになるかも。「辞書 by 物書堂」に大辞林も入れちゃえば、それすらしなくなるかもです。大辞林は「macOSに入ってるからいらないや」と物書堂版は長いこと敬遠していたのですが(^_^;)

あ、でも純正辞書にはApple用語辞典が入ってるんだった。やっぱりこっちはこっちで使っていかないと(笑)。