『Ghost』最終確認中、ゲラを読んでくださる書店員さん15日まで募集中

来月中旬ころから発売になる天祢涼の新刊『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』。「ぼく」と、殺されて幽霊になった初恋の「いのり姉ちゃん」の10年間を描いた青春ミステリーです。表紙といい内容といい、一見、天祢涼の本らしからぬ小説となっています。


が、ありがたいことにゲラを読んでくださった書店員さんからは好評の声を続々いただいていますm(_ _)m

ただいま、ゲラの最終チェック中。表紙デザインを最高レベルのものにしてもらったので、内容のクオリティーも少しでも高めようと必死です。

星海社FICTIONSから単独で出すのは初めて(FGOのアンソロジーで参加したことはある)。星海社FICTIONSの本は、扉ページがカラーだったり、スピンがついていたり、いろいろ凝ってるんですよね。「電子書籍もいいけど紙の本も好き」という天祢涼にとってはうれしいレーベルです。

天祢 涼
ビジネスとしては厳しいと言われている紙の本ですが、デザインや手触りで電子書籍より凝ったことができるので、個人的にはまだまだがんばってほしいし、少しでも力になりたいと思っています。

ゲラを読んでくださる書店員さんは、1月15日まで大募集中です。詳細は下記ツイートをご覧ください。