「看護展望」10月号に『希望が死んだ夜に』の書評をいただいたそうです

日曜の昼下がり、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

このブログでは、みなさんの目につかないところで割と面倒なバグが発生しておりまして、それを解消しようとしたらログインできなくなったりして、当方はその処理に追われているうちに午後になりました。解決はしたけど、いやー、時間を無駄した(^_^;)

そんなちょっとうんざりしていたところに、気分が晴れやかになるツイートが。

天祢涼はまだ未確認なので速報になりますが、「看護展望」10月号で『希望が死んだ夜に』をご紹介いただいたようです。選者は皆藤章さん。1年近く前に上梓した本のことを書いていただけるとは……。大変光栄なことです。ありがとうございます!

本当にたくさんの方に応援いただいている、と感謝の念を新たにしておりますm(_ _)m

『希望が死んだ夜に』文庫版は来月で発売1周年になりますが、まだまだ好評発売中です!