千街晶之さんから『拝啓 交換殺人の候』の書評をいただきました

『週刊文春』8月11日号の「ミステリーレビュー」のコーナーで『拝啓 交換殺人の候』を紹介していただきました。選者は、千街晶之さん。「(交換殺人物の)着想のユニークさではかなり上位に来るだろう」という光栄すぎる言葉をいただいています。

レビューの最後の一言は、主人公二人もきっと喜ぶことでしょう……詩音はすなおに認めないかもしれないけど(笑)。

多少ネタバレになってしまうかもですが、『拝啓 交換殺人の候』は「これはミステリーなのか?」というツッコミを入れられることを覚悟で書いた小説です。でも読んでくれた人からは「本格ミステリー」というお言葉を多々頂戴してるんですよね。千街さんからも「ミステリーレビュー」で取り上げていただいたし、うん、「これはやっぱりミステリーなんだよ」といまは自信を持って言えるっ!

天祢 涼
千街さん、書評ありがとうございます。励みになりますm(_ _)m

『拝啓 交換殺人の候』は好評発売中。サイン本もまだまだ販売中ので、ほしい人はぜひ! 明日(8月6日)は八重洲ブックセンター本店で貫井徳郎さんとトーク&サイン会です!