アンソロジー3つ情報解禁!

以前、「今後一年間で3つのアンソロジーに参加予定」という記事を書きました。

今後一年間で3つのアンソロジーに参加予定

D、E、Fすべて情報解禁になったようなので、詳細をアップします。

アンソロジーD

タイトルは『遊びの時間は終らない』。版元はディスカヴァー・トゥエンティワンです。

35年前に発表された都井邦彦さんの中編「遊びの時間は終らない」。日中韓で映画化されたこの作品の「遊びの時間」をテーマにしたアンソロジーを組むことになり、参加させていただきました。帯にあるように鈴木光司さんも参加。この本のために書き下ろされた完全新作だそうです。

天祢涼の寄稿作は「遊びの時間は終っても」。SNS炎上をテーマにしたミステリーです。12月22日ころ発売予定。

アンソロジーE

タイトルは『喧騒の夜想曲(ノクターン) 最新ベスト・ミステリー』。日本推理作家協会が3年に1度編むアンソロジーに、拙作「居場所」を加えていただきました(版元は光文社)。執筆陣の名前をご覧いただければ説明不要ですが、すごい作家ばかりです。この中に加えていただき非常に光栄m(_ _)m

「居場所」は新作ではなく、『新鮮 THE どんでん返し』収録作と同じものです。『新鮮 THE どんでん返し』は既に品切れで入手困難になっているので、この機会にぜひどうぞ。12月18日ころ発売予定。

アンソロジーF

タイトルは『FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01』。版元は星海社。詳細は既にブログにアップ済みです。詳細はこちらをご覧ください。

先日、表紙イラストも発表されました。

ただいまゲラを確認中。天祢涼の趣味が全開の短編になっております。イシュタルとエレシュキガルを書ける……こんな俺案件の仕事があっていいんだろうか(笑)。来年2月17日ころ発売予定です。

アンソロジーだけでなく……

既に情報解禁しましたが、来年1月には『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』文庫版、2月には続編『七夕祭りの事件帖(仮)』が発売予定。もちろん、天祢涼の単独著作です。

『境内ではお静かに』2020年1、2月に2ヵ月連続刊行!

既に表紙イラストもいただいているのですが、雫(ヒロインの巫女)がかわいくて仕方がない(笑)。

情報解禁をお楽しみに!

それ以降はシリアスなミステリーや、ラブコメっぽいミステリーを構想中。こちらもご期待くださいませm(_ _)m