『希望が死んだ夜に』が「うさぎや大賞」にノミネート

拙著『希望が死んだ夜に』を第15回「うさぎや大賞」にノミネートしていただきました!

栃木・埼玉・宮城で展開する「複合書店」うさぎやさん。その各店スタッフさんが「おもしろい」と思った本を推して大賞を決める、それが「うさぎや大賞」です。存在は知っていましたが、自分の本をノミネートしていただける日が来ようとは……。ありがとうございます。

もちろん、ノミネートされたからには大賞に選ばれたいです!←強欲作家

でも、「ノミネートしてもらった」ということが既に一つの勲章。単行本版は昨年の本屋大賞の発掘部門で最多票をいただいたし、書店員さんと読者さんに応援いただいている本だと改めて思いました。感謝ですm(_ _)m

ところで来週には『境内ではお静かに』文庫版も発売されるので、栃木でお世話になっているスタッフ様がいるうさぎやさんにご挨拶に行こうと思っていたのですが……。

いつものように「ドラえもんクッキー」を持参した場合、もしかして賄賂扱いになって失格になるのでしょうか? なら控えた方が……いや、たとえそうだとしても感謝の気持ちを伝えたいから俺は持参するぜー!←謎の漢(おとこ)らしさ