『希望が死んだ夜に』文庫版に「展開したい」という声を沢山いただいてます……が、ちょ、ちょっとお待ちください!

10月に文春文庫からの発売が発表された『希望が死んだ夜に』。既に初稿チェックは終わり、あとは再稿を残すのみ。解説もいただいたし、表紙の方向性も決まりました。進行は頗る順調です。

ありがたいことに、沢山の書店さんから「展開したい」「応援したい」という声をいただいております。ただただ感謝です。こうした声にお応えするべく、販促物もいろいろ模索中です。

というわけで、あとは発売を待つのみ……と言いたいところですが、ちょ、ちょっとお待ちください

なんか すごいポップをいただいた

こちらにも書いていただいたとおり、『希望が死んだ夜に』の単行本は本当にいろんなところが美しいんですよ。特に、帯と中に使われているグリーンがなんとも言えず……他人の本だったら絶対に嫉妬してるわ、これ(笑)。

もちろん、文庫は文庫で美しい本にしていただけそうです。でも「文庫」という媒体の性質上、このグリーンを使うのは難しい。というわけで、ぜひ単行本の方も手に取っていただきたい。既にオンライン書店では品切れが続出しているので、店頭で見かけたらぜひレジまでお持ちください!

もちろん、文庫は文庫でよろしくお願い致しますm(_ _)m


『希望が死んだ夜に』文庫版は2019年10月発売です。