macOSをMojaveにアップデートしました。ダークモードは物書きに優しいと思います。

macOSのバージョンを10.12から10.14(Mojave)にしました。

macOS10.13は、当初、egword Universal 2が動かなかったのでスルー(後にegword2.1がリリースされて動くようになったけど)。というわけで、自分にとっては久々のmacOSのアップデートです。

10.12にはなんの不満もなかったのですが、『境内ではお静かに』のフリーペーパーを四つ折りにしたり、御朱印を押したりしている間、「どうせMacをいじれないんだから」と思ってアップデートしてみました。

おかげさまで重版がかかりそうな勢いで売れています。

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』

自分の場合、アップデート前には必ずTimeMachineにバックアップを取ります(念のためHDDは二台使用)。それからクリーンインストールして、TimeMachineから必要なデータを抽出。いろいろ入れていて復元に時間がかかるため、データ抽出は寝る前に始めました。朝起きたら作業完了。いつものことながらmacOSのアップデートは楽です。

今回、唯一トラブったのは、アップデート後、キーボードが操作不能になったこと。なにかの拍子にoptionキーが5回押されたことになって、マウスキーがオンになったようです……って、なんでやねん(笑)。

天祢涼
キーボードが壊れたと思って買い替える寸前までいったよ!

使い勝手は10.12と一緒。アップデートした感はあまりありません。自分が使っているアプリも、すべて問題なく動いてます。egword Universal 2とScrivener 3が動かないと仕事にならないので一安心ではありますが、「新しいOSにした」感は皆無。

ただ、Mojaveの目玉である「ダークモード」。これはいいですね。最初の数日こそ「黒々していて見づらい」と閉口しましたが、いまやダークモードがデフォルト。文字が見やすいし、目に優しい気がします。集中力も増している気が。Scrivenerは、もうずっとダークモード。egwordも早く対応してくれないかなあ。

物書きなら、ダークモードだけでもMojaveにする価値はあると思います。ぜひお試しあれ。