WordPressを5.0にアップデート

特に深い考えもなく、衝動的にWordPressのバージョン5をインストールしてみました。このブログは2018年12月現在、OPENCAGEさんのテーマ「SWALLOW」を使っておりますが、公式サイトで「5にしても問題はない」とアナウンスされていたので。

「5.1とか5.2がリリースされるまで待った方が無難」みたいなことも書かれてたけどな。

その辺の自分のアバウトさはさておき、インストールはあっという間に終わりました。OPENCAGEさんのアナウンスどおり、SWALLOWの表示に問題はありません。天祢涼が使用しているプラグインに関しても大丈夫そう。

使用しているテーマが5.0に対応していない人はアップデートを見合わせた方がよいです。

WordPress 5.0で話題になっているのは、なんと言っても新エディタGutenberg(グーテンベルグ)でしょう。「ブロック」という概念が導入されたため、いままでのエディタとは使い勝手が激変。リリース前から賛否分かれていましたが、天祢涼は割と肯定派。noteと使い心地が似ているし、いちいち画面を変えずに画像の大きさを変えたり、リンクを設定できたりするので、なかなか便利です。

もともとegwordやScrivenerなどで下書きをしてからWordPressのエディタにコピペしているので、たいして影響を受けないという事情もありますが。

Gutenbergにして戸惑ったのが、テーマ固有のショートコードをどこで設定すればいいか不明なこと。調べたところ、ブロックを「クラシック」に指定して、そこからショートコードを設定しないといけないようです。一手間増えて面倒ですが、一度指定すれば「再利用ブロック」に登録できるので、二回目以降は楽……なのか? 「通常のブロックへ変換」にショートカットが設定されていないので手間っぽいけど……。

概ね高評価なのですが、以前のエディタに慣れ切っているので、戸惑うことが多いのは事実。手足のように使いこなすには、少し時間がかかりそうです。