「巫女の推理に御利益あり」第二帖

『巫女の推理に御利益あり』は、単行本化にあたって『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』に改題しました。刊行時の記事は<a href="https://www.amaneryo.com/2018/11/15thbook/">こちら</a>です。

光文社の電子雑誌『ジャーロ』2017年夏号が発売されました。天祢涼の連載「巫女の推理に御利益あり」第二帖(第二話)も掲載されております。

サブタイトルは「端午の節句はご家族で」。参拝者には天使のような笑顔、でも普段は氷の無表情の巫女・久遠雫と、大学を中退して自分さがし真っ最中の坂本壮馬の二人が主人公。今回は、こどもの日を巡るお話です。

クールビューティーなはずの雫が一目惚れ? 壮馬の心は、なぜかざわついてしまう……。
(担当さんが書いた煽り)

書いてて楽しいラブコメ風味のミステリです。毎回るんるん気分で執筆中。

イラストは友風子さん。前回、校了後にイラストをいただき、ヒロインの雫があまりにかわいすぎたので、慌てて第二帖で美少女度を上げたのですが。

寄稿者にだけ送られてくる紙版

今回も想定以上の美少女イラストをいただきました

さらに今号の『ジャーロ』には、天祢涼が遊井かなめさんとニコニコ超会議2017に行ったときのレポートが対談形式で掲載されております。タイトルは「超会議に神社があるって本当ですか?」。

「巫女の推理に〜」を書いている関係でお声がけいただいたのですが、仕事だという意識皆無で適当な服装をして行って、適当なことをしゃべったら、遊井さんがものすごくおもしろい対談にまとめてくれました。サブカルネタ満載で読み応えがあります。天祢涼がVR蓮舫を体験した結果と感想も載ってますよ(笑)。

「ニコニコ超会議2017」に行ってきました

なお、『ジャーロ』は今回から3月、6月、9月、12月の年4回刊行になりました。公式サイトもオープン。出版不況と言われる中、こうした攻めの姿勢はたのもしい。