ブックポート中野島店に『Ghost』冬ポップが登場。雫ちゃんは熊手を持ってるし、あの動物まで天祢涼の本を読んでくれている!

いつもお世話になっているブックポート中野島店さんが、こんなポップをつくってくださいました(o>▽<)o

2021年12月2日記・記事の最後に売場に置いていただいた写真を追加しました!

『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』のポップ冬バージョン。この章では主人公が「幽霊になった初恋のお姉ちゃん」の年齢を抜いちゃうんですよね。自分で書いててちょっと泣けた章です(笑)。冬と別れの予感漂うくすんだ色味がすてきです。

さりげなくハートな飾り。おしゃれだ。

天祢 涼
『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』は書いた本人が言うのもなんだけど、将来は絶対に映像化とか漫画化とかされる傑作だよ! いまのうちに読んで「先見の明がある読書家」になっておこう!(笑)

『境内ではお静かに』は雫がさりげなく立体的になっている上に、熊手を持っています。この熊手はイラストじゃない。

ガチの熊手です。こんな小さな熊手が売っているとは……。落ち葉&巫女さんと一緒に組み合わせでかわいさ倍増ですね!

あま・アマトリオは切り株の上で天祢涼の本を読んでくれています。アマネコと一緒にいるあまお&あまこは雫が奉務する神社の神獣なんですよ。

その名は「あまこ」と「あまお」

神獣に自分の本を読んでもらってありがたい……と思ったのですが、よくよく見ると。

リスにまで読んでもらってる

人間以外にも着実に読者層が広まってますね(笑)。ありがとうございます!

ブックポート中野島店さんにはいつも応援いただいて、感謝の気持ちで一杯です。こちらのお店では、天祢涼のサイン本にお名前を書くサービスを実施中。12月はなにかと慌ただしいですが、できるだけ早くお渡しできるように致します。ほしい人はぜひ!

2021年12月2日追記・スタッフさんから売場での展開写真をいただきました!

売場全景。超人気作家さんたちの作品と一緒に並べていただいておる……っ!

『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』のポップ。冬の感じが漂ってます。サイン本はまだまだ販売中!

自分の中では早くも伝説と化している「熊手」。黄色い紙を敷いてもらって「落ち葉を掃除している雫」感がさらに!