三省堂書店アコルデ新百合ヶ丘店が本日オープン

小田急線新百合ヶ丘駅直結の商業ビル・アコルデに「三省堂書店アコルデ新百合ヶ丘店」が本日からオープンすると聞き、行ってみました。

伝説の書店・小田急ブックメイツ新百合ヶ丘店があった場所のほぼ下です。TSUTAYA BOOKSTORE 下北沢がオープンしたときにも似たようなことを書きましたが、閉店の話ばかり聞く中で、「書店の新規オープン」というのは興奮する情報。しかも、天祢涼が普段使っている小田急線の沿線。しかもしかも、天祢涼は新百合ヶ丘が出てくる小説を書いている。これは行かないわけにはいかないでしょう(笑)。

到着。アコルデに入ったらエスカレーターを降りるだけなので、スーパー方向音痴の自分でもさすがに迷わなかった。

入口が狭いので店内も小さいのかと思っていたら、かなり奥行きがありました。本日オープンということもあってか、お客さんがひしめいていて狭く感じられましたが。

印象としては、奥にある学習参考書のコーナーが充実しているなあ、と。新百合ヶ丘に住んでいるファミリー層をターゲットにしているのかも。コミックや文芸書も一通りそろっていて、品揃えも充実していました。

入口傍では、本日、アコルデで(?)2000円以上買い物した人を対象にくじ引きを実施中。遠藤周作の未発表短編集『善人たち』を購入したのですが、それだけだと2000円に届かない! というわけで、慌てて気になっていた文庫も購入しました。商売上手だのう。←違う

天祢 涼
くじ引きは参加賞だったけど、ボールペンももらえて満足。

その足で有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店にも行きました。こちらもお客さんがたくさんいた。

ここ数年、新百合ヶ丘では書店の閉店ラッシュが続いて、有隣堂一店舗のみになっていました。それだけに、三省堂書店オープンはうれしい。両店舗さんとも盛り上がってくれるといいなあ。