『陰陽師の解剖図鑑』拝受

エクスナレッジさんから『陰陽師の解剖図鑑』をいただきました。『境内ではお静かに』シリーズを書く際に『神社の解剖図鑑』を参考にしたのですが、そのご縁でお送りいただいた様子。

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』文庫版

その前には『世界で一番美しい団地図鑑』を参考に小説を書いたことがあるし、エクスナレッジさんにはお世話になりっぱなし……って、陰陽師? エクスナレッジさん、昔は建築本だけの会社だと思っていたのに……手広い……(笑)。

鬼を祓い、人を呪う
星を観測し、暦をつくる
彼らは何者か

日本を裏で支えた異能の者たち、陰陽師の謎に迫る。
古代中国で生まれた易(えき)や陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)の考え方が日本にもたらされたのは六世紀のこと。それが陰陽道(おんみょうどう)という思想となり、国政に取り入れられて「陰陽師」という存在を生んだ。科学技術の乏しい時代、陰陽師は天文から災異を知った。暦をつくり、人々の生活を支配した。明治時代に廃止されるまで、陰陽師は科学者であり呪術者だった。陰陽師の歴史を辿るとき、それは同時に日本を知ることなのだと気付かされる。

もしかすると今の世にこそ 陰陽師が必要なのかもしれない――

版元のサイトより

まだページをぱらぱらめくって見ただけですが、ガチの陰陽師本です、これ。資料としての価値がめっちゃ高そう。これから陰陽師を題材にした話をつくりたい人には最適な一冊かもしれません。

現状、天祢涼は陰陽師をテーマにした小説を書く予定はないのですが、「名前はよく聞くけどどんな人たちだったか知らない」陰陽師は興味があるので、楽しみに読ませていただきますm(_ _)m

hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m