千澤のり子さんから『暗黒10カラット』をいただきました

天祢涼の妻と間違えられたことがある千澤のり子さんから、新刊『暗黒10カラット 十歳たちの不連続短編集』をいただきました。ありがとうございますm(_ _)m

千澤さんが間違えられた経緯は、上記のリンク先参照。

正宗が通う小学校で開催される、十歳を記念して家族へ感謝を伝える「二分の一成人式」。破綻した片親家庭に育つ正宗には偽善としか思えなかった。だが、正宗は知っていた。殺人事件が起きて式典が中止になることを——(「半分オトナ」)
子が親を、親が子を愛するのは「当たり前」ですか? 家族を巡るしたたかな十歳たちの犯罪の物語。「親ガチャ」なんて言葉の流行る時代へ気鋭が贈る、キッズ・ノワール短篇集。
十歳って、大人が思うよりも大人だ。

版元の紹介ページより

表題どおり「10歳の子ども」を主人公にした短編集ですね。ショートも収録されている様子。「半分オトナ」は『平成ストライク』ご一緒した作品か。バラエティーに富んだ内容なので、読むのが楽しみです。

hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m