昔は一作書き終わるごとに発熱していたけれど

写真素材はFineGraphicsさんの作品を拝借しました

『境内ではお静かに 神盗みの事件帖』の作業がすべて終わって一区切りのミステリー作家・天祢涼です。今回はGWの関係で、「発売まで時間があるのに〆切は異様に早い」という進行でした。おまけに前月に『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』文庫版の刊行があったり、販促物のフリーペーパーをつくったりとてんやわんや。


どうにか乗り切って、ちょっとぼんやりしております。


が、ありがたいことに既に次の戦い……もとい、仕事が始まっています。本日午後は新作プロットの打ち合わせ(いまどきっぽくビデオ通話)、来月上旬には原稿の〆切が待っている。デビューしたばかりのころには考えられなかった状態です。単に「仕事がなかった」というのもありますが、それ以前の問題で、昔は一作終わるごとに力尽きて発熱してましたからね。

当時は仕事が終わる度に『あしたのジョー』の最終回みたいになってました。大袈裟でなく、一作ごとに「これが最後の小説かもしれない」とすべての力を注いでいたからだと思われます。

もちろん、いまだって注いでいる力の量は変わらない……いや、むしろ大きくなっているくらいですが、それでも発熱はなくなりました。これに関しては、すなおに「成長」と受け取っていいのではないかと思ってます。


というわけで、がんばって新作を書きます(`_´)ゞ