『境内ではお静かに』シリーズ2作目文庫版は4月、完全新作3作目は5月発売!

先々週、『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』を上梓したばかりですが、新刊情報を正式に告知。

『境内ではお静かに』シリーズ2作目『七夕祭りの事件帖』文庫版は4月、完全新作の3作目『巫女と御神体の事件帖(仮)』は5月発売です

画像は2作目単行本版


担当さんには前々から「発売月の告知OK」と言われていたのですが、〆切が先週金曜日で自分の作業が間に合うか不安だったので「今春」とぼかしてました。おかげさまでなんとか間に合った! その後すぐに告知しなかったのは、ほかの仕事をしていて忘れてたからです(^_^;)

ありがたいことに『境内ではお静かに』以降の仕事もいただいているので、もう何年かは小説家を続けられそうです。


『境内ではお静かに』は横浜元町にある(という設定の)源神社を舞台に、冷静沈着だけどちょっと抜けてる巫女の久遠雫と、雑用係の坂本壮馬が繰り広げる「神社お仕事ラブコメミステリー」。『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』と違ってコメディ色が強いのですが、恋愛系ミステリーであることは同じ。

というわけで(?)、一緒に展開してくれる書店さんは大歓迎! 今回もフリーペーパーをつくる予定だし、『Ghost』には星海社と関係ない「他社の営業さん」の推薦コメントも掲載予定です!!

天祢 涼
他社の営業からも応援されるとは……なんてすごい本なんだ、『Ghost』!(笑)