続『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』で起こるかもしれない「書店さんの棚問題」

今月17日ころ発売の『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』。レーベルが星海社FICTIONSなので、「これまで天祢涼の本を置いてくれた文芸書のコーナーでは見つからないかもしれない」という記事を先日書きました。

『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』章扉イラスト解禁&起こるかもしれない「書店さんの棚問題」

その後、久賀フーナさんのイラストが公開され、新文芸やライトノベル寄りの読者さんの中にも興味を持ってくれる人が出てきた様子。デビュー作で「ミステリー読みとラノベ読み、両方の読者を獲得したい」と目論んで商業的にうまくいかなかった身としては、思いがけない事態を非常にありがたく思っています。

天祢 涼
久賀さんのイラストのおかげ。本当にうれしい。


ただ、お店によっては「新文芸・ラノベ読者がいつも星海社FICTIONSが置かれている棚に行くと、文芸書のコーナーに置かれていて見つからない」という事態が起こるかもしれません。先日の記事と逆の懸案ですね。

レーベル関係なく、「天祢涼閣下の本だからお店の一等地に置かねば!」と日本中の書店員さんに思ってもらえる作家になれればよいのですが、道のりはまだまだ遠く……(^_^;)

というわけで、いつも行っているリアル書店で『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』を買いたい人は、新刊のほか、文芸書や新文芸・ラノベの棚をさがしていただければm(_ _)m

e-hon、honyaclubに登録している書店なら、注文すれば確実に取り寄せることができます。


『Ghost ぼくの初恋が消えるまで』の詳細については星海社の公式サイトをご覧ください。