改めてブックポート中野島店の魅力を語らせてください

読者さんや業界関係者に「ブックポート中野島店がいかにすばらしいか」を語ったところ、興味を持って行ってくださった人がいました。それも二人も。うれしです\(^◇^)/

ブックポート中野島店は、おそらく日本で一番最初に「天祢涼コーナー」をつくってくださった、実に先見の明がある(笑)書店さん。

ブックポート中野島店様に「天祢涼作品コーナー」をつくっていただきました

だから推しているわけでは決してなく、活気があっていいお店なんですよ。3、4年前、なんのご挨拶もしていなかったときに存在を知り、「散歩」で行ったときに「なんて元気のある本屋なんだ」と驚いたことがあります。

天祢涼は徒歩30分圏内なら「散歩コース」なので、登戸駅近辺に住んでいる人はすなおに南武線を使うのが吉。

その後、ご縁があって店長さんにご挨拶でき、地元作家ということでコーナーまでつくっていただいた次第です。『希望が死んだ夜に』だけでなく、『罪びとの手』まで再入荷してくださって本当にありがたいm(_ _)m

ブックポート中野島店は、入ってすぐの平台に「推してる本」を大々的に展開しています。売れ線だけでなく、店長さんの渋いチョイスもあったりして、覗くだけでも楽しいです。平台には「覆面文庫」という、表紙が隠され、あらすじだけでおもしろそうな本を選ぶコーナーもあります。

手前味噌ですが、いまは天祢涼の本を置いていただいてます

文庫や漫画の棚にも店員さんのオススメ本やポップがあって、なんというか、働いている人の顔が見えるお店なんですよ。だから好き。こういうお店にコーナーをつくっていただいたことは、作家として非常に光栄です。

現在、ブックポート中野島店では「天祢涼のサイン本をお買い上げの方にお名前を書きます」サービスを開催中。過去に中野島店で買ったものも対象です。『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』のサイン本は、ここにある2冊でラスト。ぜひご利用くださいませm(_ _)m

【新企画】ブックポート中野島店さんで天祢涼のサイン本をお買い上げの方にお名前を書かせていただきます