芦辺拓さん『ダブル・ミステリ 月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー』

double芦辺拓さんから新刊『ダブル・ミステリ 月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー』をいただきました。

直球のフーダニットとトリッキーなサスペンス、二本の中編が本の表と裏、双方向から始まります。驚愕の結末は、中央の〝袋とじ〟の中に──芦辺拓、一世一代の大仕掛け! (東京創元社さんのサイトより)

なんと表側と裏側、両方から読めるミステリ。中央の袋とじが解決編となっています。すごいなあ。こんなこと、たとえ思いついてもなかなか実行できませんよ。

天祢涼はミステリ作家とは思えないほど推理力が低いので、正統派の謎解きを楽しむべく、表側→裏側→解決編の順に拝読する予定(裏側→表側の方が謎解きの難易度が高いそうです。ちなみに裏側は横書きになっています)。まさに寄書とも言うべき一冊、早く読みたいです!

大先輩から新刊をいただき、本当に光栄です。ありがとうございました!
by 天祢涼