『ニュクス』でヒロインの雰囲気が変わったとしたら人物写真の加工の仕方がうまくなったからです

nyx.jpg『銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル』(『ニュクス』)のヒロイン・音宮美夜は、銀髪ロン毛で華奢という設定です。これは『キョウカンカク』と基本的には同じです。

『キョウカンカク 美しき夜に』

が、描写や言動は少々変わっているかもしれません。

これは文章力が上がったからでも、小説に対する考え方が変わったからでもありません。もちろん、そういう要因もないわけではないでしょうが、最も大きいのは天祢涼のPhotoshopの使い方がうまくなったことです。

Photoshopとは?

Photoshopとは、Adobe社がつくっている、プロご用達の写真編集ソフト。使ったことがなくても、名前くらいは聞いたことがある人もいると思います。

天祢涼は小説を書くとき、Google画像検索で見つけた俳優さんや女優さん、検索キーワードでヒットした人物の写真をダウンロードし、Photoshopで加工してキャラクターのイメージを固めています(私的使用なので絶対に表には出せません)。

「マンガじゃないんだから」と言われたこともありますが、実際にキャラクターの顔や動作をイメージしながら書いた方が書きやすいのだから仕方がない。こういう書き方をするようになったのは、3作目か4作目くらいから。デビュー作『キョウカンカク』のときは、こういう書き方をしていませんでした。

その後、『キョウカンカク』の文庫化が決まったときは「どうせだったらノベルス版とは美夜のイメージも一新しよう」と、ある女優さんの写真を拝借することに。が、ここで問題が発生しました。

髪の毛を銀髪にする方法がわからん

Photoshopはなんでもできる反面、素人には扱いが難しく、思いどおりの画像をつくれないことがあるのです。自分の場合も、髪の毛だけを銀色にすることがどうしてもできませんでした。いろいろ試してみましたが、どうしてもできない。髪だけじゃなくて、肌の色も変わってしまう。←初心者にありがちな失敗

そのため、文庫版執筆時、音宮美夜は文章では「銀髪」と書きながら、著者の頭の中では黒髪……というねじれ状態になっていました。

銀髪にする方法がわかった!

『ニュクス』は、『キョウカンカク』とは別シリーズという位置づけなので、文庫版でいただいた表紙イラストのイメージをそのまま流用はできない。執筆時は、また例の女優さんの別の写真(もちろん黒髪)をもとに、脳内で動かそうと思っていました。

が、不意に「小難しいことしなくても『色の置き換え』で髪の毛の色を選択。その色だけ銀にすればいいんじゃない?」と気づき、試してみたところ、あっさり銀色に。こんな簡単にできるとは……なんで文庫版のときに気づかなかったんだろう(笑)。

というわけで『ニュクス』の音宮美夜は、晴れて天祢涼の脳内で銀髪になりました。脳内のこの微妙な差が、本文では結構な差になっている……気がします。書いている本人にしかわからないのかもしれませんが、「脳内で黒髪だったら、ここはこう書けなかったな」という箇所がいくつかあるのです(具体的にどこかは書きませんが、その辺も想像しながら読んでいただけるとうれしい)。

イラストをいただいてからはそっちにイメージ変更

以上、小説とは直接の関係がないところで紆余曲折していたわけですが、PALOWさんに表紙イラストをいただいてからは、そっちが音宮美夜のイメージになりました。

またイメージ変更か? と言いたいところですが、PALOWさんは本文中の美夜のイメージを上手に膨らませてくれたので、『ニュクス』シリーズ内でイメージがブレることはなさそうです。というより、美夜のイメージはイラストにしたらこんな感じ。ぴったりです!

すばらしいイラストをいただき、ありがとうございました( ̄^ ̄)ゞ

『銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル』は3月17日ころ発売です。詳細は講談社タイガの公式サイトをご覧ください。

最近はPhotoshopではなくてPixelmatorで写真加工を済ませることが多いです。最新版のPhotoshopは持ってないんですよ。
by 天祢涼(あまね りょう)