謹賀新年

ご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

以下、近況や、今年の刊行予定など。

年末年始の天祢涼

年末、急性胃腸炎でダウン。病院で、生まれて初めて点滴を打ってもらいました。前日に深酒したので「気分が悪いのは二日酔いに違いない」と放置したせいで、症状が悪化したようです。←ばか

この余波で、〆切は延ばしてもらうわ、打ち合わせはキャンセルしてもらうわ、各社の担当さん達に大迷惑。皆様、失礼しました。この借りをお返しすべく、正月返上で働いておりますのでm(_ _)m

刊行予定

方々で予告しているとおり、今年は5作刊行を目指しております。このうち、現時点でゴールが見えているのは2冊。双葉社から『葬式組曲』文庫版が1月15日頃(表紙はこちら)、幻冬舎から「自治体が発行している広報紙をつくる新卒女子が主人公の連作短編」が春に出ます。

以降の3冊は刊行時期未定ですが着実に進めているので、ご報告は改めて。

Macネタ

久々にMac話。

長年大切に使ってきたApple Cinema Display(伝説のADC接続)がいよいよ画面が暗く、異音が大きくなってきたので、思い切ってiMac Retina 5kディスプレイモデルを購入しました。天祢涼はPerforma 5430、iMac DVと一体型Macを買う度にやたら壊れたので 「生涯一体型Macは買わない」と公言してきたのですが、店頭で見たディスプレイがあまりに美しかったので宗旨替えです。

で、2ヵ月ちょっと使ってみた感想ですが、「すばらしい」以外云いようがありません。

写真が美しいのはもちろんですが、物書きにとってはフォントが印刷レベルで表示されるのがなによりもありがたい。文章を書いてて楽しいです。画面が広くなったので、資料ファイルを大量に開いて作業できるし。仕事が捗ってますね。値段以上の買い物でした。

ただ、小説執筆に使っていたInDesign CS6がRetinaに対応していないため、とうとうHagoromoに乗り換えました。まだ安定性に欠けたり、細かいバグがあったりするのですが、Jeditで有名なArtman21さんがつくってるので今後に期待。軽いし、ルビや圏点の検索もできるし、かなり高機能ですよ。InDesignでは使えなかったPopClipや、辞書検索のショートカットが使えるのも魅力。使用感についてはいずれレビュー……したいけど、当面は時間がなさそう。

なお、InDesignも完全に切ったわけではなくて、入稿データをつくる時に使っています。やっぱり「本にしたのと同じ見た目で文章を書ける」というのは魅力です。

「じゃあCCを契約すればいいじゃんかよ」と云われればごもっともですが、年会費を払いたくないので……(^_^;)

 

こんな感じですが、今年もマイペースにやっていく所存m(_ _)m

 

天祢 涼(あまね りょう)
天祢涼