『海原鮮魚店のお魚ミステリー日和』拝受

南雲堂から明利英司さんの新刊『海原鮮魚店のお魚ミステリー日和』をいただきました。

大学卒業後定職につかずバイト生活をしていた山中幸太は父から将来について問われると勢いで料理人になりたいと応えてしまう。すると父から旧知の料理屋「天倉」を紹介されバイトすることになる。やる気のない幸太だが、出入りの魚屋「海原鮮魚店」の娘、海原波美や天倉五助のもとで修行をしたかった料理人、川上洋子との交流のなかで料理人になるという思いが強くなっていく。

版元のサイトより

岡崎琢磨さんが帯に書いているとおり、明利さんは一流の腕を持つ料理人。不定期で「居酒屋明利」をやってらっしゃいます。

天祢 涼
いつか、このお店で食事するのが夢。

そんな明利さんが書く鮮魚店ミステリー。きっと生半可な知識では書けないおもしろさが詰まっているに違いない。楽しみに読ませていただきますm(_ _)m

2022年10月17日記・まだ発売前なので、一部画像やサイトにリンクがつながっておりません。ご了承ください。
hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m