辻真先さんから『馬鹿みたいな話!』拝受。『たかが殺人じゃないか』の続編です

ミステリ界のレジェンド・辻真先さんから新刊『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』をいただきました。ありがとうございます。

昭和36年、中央放送協会(CHK)でプロデューサーとなった大杉日出夫の計らいで、ミュージカル仕立てのミステリ・ドラマの脚本を手がけることになった風早勝利。四苦八苦しながら脚本を完成させ、ようやく迎えた本番。アクシデントを乗り切り、さあフィナーレという最中に主演女優が殺害された。現場は衆人環視下の生放送中のスタジオ。駆け出しミステリ作家・風早と那珂一兵が、殺人事件の謎解きに挑む! 戦前の名古屋を活写した『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』、年末ミステリランキングを席巻した『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』に続く、“昭和ミステリ”シリーズ第3弾。ミステリ作家デビュー『仮題・中学殺人事件』から50周年&卒寿記念出版。

版元のサイトより

もちろん内容もおもしろそうなのですが、「ミステリ作家デビュー『仮題・中学殺人事件』から50周年&卒寿記念出版」というフレーズに圧巻。辻真先さん、おめでとうございます! 前作に続き、自分の勉強も兼ねて拝読しますm(_ _)m

hontoは丸善、ジュンク堂、文教堂、戸田書店などが加盟しているサービス。honyaclubは日販が提供している、e-honはトーハンが提供している加盟書店に本をお取り寄せできるサービスです(自宅への配送も可)。Amazonと紀伊國屋書店は説明不要ですね。愛用している書店さんがある人は、ぜひご利用ください。

上記サービスに応援書店さんがない人は、レジで公式サイトを見せて直接ご注文をm(_ _)m